元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「人工着色料」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20190309001755j:plain

Background photo created by rawpixel.com - www.freepik.com

 

「人工着色料」は "artificial color(s)" と言います。

 

以下では「人工着色料」に関連して、例文をまじえながらネイティブの英語表現を紹介したいと思います。

 

本記事紹介する内容は、

 

 

「人工着色料」って英語で何という?

 

「人工の」"artificial" で、「着色料」"color(s)" なので、「人工着色料」= "artificial color(s)" となります。

 

例文 ⇒ No artificial colors or flavors.

:人工着色料や人工調味料は使用しておりません。

 

「調味料」"flavor(s)" なので、"artificial flavors"「人工調味料」という意味になります。

 

また "-ing" を用いて、

  • "artificial coloring"=「人工着色料」
  • "artificial flavoring(s)"=「人工調味料」

と言ったりもします。

 

そのほか、「人工甘味料」"artificial sweetener(s)" のように表現します。

 

また "artificial" に関連して、「人工知能」= "Artificial Intelligence(AI)" や「造花」= "artificial flowers" のようにも使われます。

 

「人工衛星」も正確には "artificial satellite" ですが、"satellite" だけでも十分通じます。

ただし "satellite" は、月などの軌道を周回する天体に対しても使われるため、区別する必要がある場面では気をつけましょう。

 

シリアルに関する英語表現

 

その他にも、「シリアル」に関連した英語表現を紹介します。

 

たった一杯のスプーンにどれほどの栄養分(滋養分)を詰め込むことができると思いますか?

▶ How much goodness can you pack into a single spoon?

 

"goodness" は "good" の名詞形で、品質の良さや、健康によい効果をもたらすこと、などケースに応じていろいろな訳し方があります。

 

生きていくため、成長するために必要な栄養(分)」は "nutrient""essential nutrients" などと言います。

 

一方で、栄養を含むものという意味で「食物」と言いたい場合は "nourishment" が使われます。

 

なお似たような単語で "nutrition" がありますが、"nutrition" は栄養をとる過程のことを意味し、「栄養摂取」などと訳されます。

例文はこちら。

① "The sience of nutrition helps us improve our food choices by identifying the amounts of nutrients we need."

② "But there can be times when our enjouyment of food is more important to us than the nourishment we get from it."

引用:http://samples.jbpub.com/9781284021165/49241_CH01_Printer_1516_1.pdf

 

例文中で、"pack" には「詰める」という意味から、「パッキング」=「荷造りをする」と言いたい時にも使えます。

 

例文 ⇒ I'm going on a trip to Thailand tomorrow but I haven't packed yet.

 

例文に戻りますが、"single" =「ひとつの」という意味ですが、アメリカでラジオなどを聞いていると、強調のために使われることが結構あります。

 

例えば、"every single day" や "every single one of us" などです。

 日本語でも「1日1日を大切に」とか「私たち一人一人が・・・」などと言ったりしますよね。

 

 

1日に必要なエネルギーを供給します。(あなたの1日に活力を供給します)

▶ Power your day.

 

"power" が動詞として使われる場合は、「動力を与える、エネルギーを供給する」という意味になります。

 

一方、"power" が名詞として使われる場合は、「パワー、能力、権力」という意味のほか、「電力」という意味でもよく使われます。

 

例えば、

  • 火力発電 → thermal power
  • 風力発電 → wind power
  • 原子力発電 → nuclear power
  • 水力発電 → hydroelectric power
  • バイオマス発電 → biomass power
  • 海流発電 → ocean current power
  • 太陽発電 → solar power
  • 地熱発電 → geothermal power

です。

 

「発電」を明確にするために、"power" のあとに "generation" をつけることもよくあります。

  • 火力発電 → thermal power generation

 

なお発電所は "power plant" です。

 

まとめ

 

本記事でご紹介した単語をまとめます。

 

  • 「人工着色料」= artificial color(s)
  • 「人工調味料」= artificial flavor(s)
  • 「栄養(分)」= nutrient
  • 「荷造りをする」= pack
  • 「動力、エネルギーを供給する」= power

 

本ブログでは、英語学習アメリカの国立公園海外大学院留学に関する情報を発信しております。

 

下記の記事もあわせてご覧下さい!

www.usaryuugakuandtravel.com

www.usaryuugakuandtravel.com

www.usaryuugakuandtravel.com