元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

オーストラリアで運転免許証を取得する際に気を付けること3選【メルボルン情報】

f:id:TraProak:20210815082853j:plain

 

  • オーストラリアで運転免許証のを取得予定の方

  • 中長期でオーストラリアに滞在予定の方

 

オーストラリアの大都市であれば、電車やバス、トラムなどの公共交通機関が発達しております。

 

なので私が住んでいるメルボルンの中心地であれば、車がなくても不自由なく生活ができます。

 

でも、ちょっと郊外に出かけたり、国内で旅行をしたりする際には車があったほうが便利です。

 

オーストラリアでは、外国の運転免許証をオーストラリアの免許証に書き換えることができます。

 

そのため、日本の運転免許証をお持ちの方は、筆記試験や実技試験を受けることなく、現地の運転免許証を取得することができます。

 

本記事では、「オーストラリアで運転免許証を書き換える際に気を付けること」について紹介します。

 

オーストラリアで運転免許証を取得する際に気を付けること3選

 

まず、オーストラリアで運転免許証を取得する流れですが、

  1. 領事館で運転免許証の英語訳を発行してもらう
  2. 電話もしくはネットからVicRoadsの予約をする
  3. VicRoadsに行って必要書類を提出し、免許証の発行費を支払う
  4. 2週間以内に免許証が郵便で送られてくる

となります。

 

運転免許証の英語訳についてはこちら:

自動車運転免許証抜粋証明 | 在メルボルン日本国総領事館

 

領事館では普通に日本語が通じるので、特に不便は感じませんでした。

 

問題はVicRoadsの予約を取るところから、必要書類の提出までです。

 

私の経験から、気を付けるべきことは以下の3つです。

 

  • 空いてるVicRoadsを選ぼう

  • 本人確認書類は2部持っていく

  • 免許証の発行日と取得日について

 

 

 

1. 空いてるVicRoadsを選ぼう

 

メルボルン市内にVicRoadsはいくつかあります。

 

もっとも有名なのは、カールトン(Carlton)にあるVicRoadsですが、混んでいて予約が取りにくいです。

 

私が予約をしようとしたときも、3週間先しか空いていないという状況でした。

 

カールトンのVicRoadsはここ

 

ただし、免許の書き換えができるVicRoadsは他にもあります。

 

電車やトラムで移動する必要はありますが、市内を少し出るだけで、すぐに予約が取れる場合が多いです。

 

私もサンシャイン(Sunshine)という場所にあるVicRoadsを調べたところ、3日後の予約が普通に取れる状況でした、

 

サンシャインのVicRoadsはここ

  

予約はネットからできます。

 

こちら

Convert your overseas licence : VicRoads

 

 

ちなみに住所を入力した際に、日本語が予測入力されてしまう場合は注意が必要です。

 

こんな感じ⇩

f:id:TraProak:20210815101430p:plain

 

日本語の部分を消して英語で入力しても、「住所が有効でありません」と表示されて先に進めません。

 

そのような場合は、シークレットモードでページを開けば解決できます。

 

日本語の予測入力がないので、問題なく先に進めます。

 

なお予約費は19.2ドルで、VISAかMasterであれば日本で発行されたクレジットカードで支払いができます。

 

 

 

2. 本人確認書類は2部持っていく

 

本人確認書類は2部持っていきましょう。

 

ネットから予約すると、予約確認メールが送られてきます。

そこに必要書類が記載されており、本人確認書類も含まれております。

 

ただし、2部必要とは書いてありません。

 

担当のスタッフによるのかもしれませんが、私は2部要求されました。

 

そのためパスポートのほかに、ビザのコピーや銀行のカードを持っていくようにしましょう。

 

ちなみに本人確認書類のほかに必要な書類は、

  • 予約確認用メール
  • Licence application formを記入したもの(フォームはこちら
  • 住所がわかる書類(公共料金の請求書、アパートの契約書など)
  • 日本の運転免許証

です。

 

出直しが一番面倒くさいので、確実に用意しましょう。

 

 

 

3. 免許証の発行日と取得日について

 

領事館に発行してもらった英語訳(Certificate)をVicRoadsで提出する際に注意が必要です。

 

英語訳の中に「免許証の発行日」「免許の取得日」が記載されています。

 

  • Date of Issue of this License(発行日)
  • Date of Issue of Current License(取得日)

 

免許の発行日は免許証そのものが発行された日になるので、直近で免許を更新した日になります。

 

一方で免許の取得日は、実際に普通自動車や二輪の免許を取得した日になります。

  

ビクトリアではP2と呼ばれる初心者用の免許証と一般の免許証があり、日本で免許を取得して日が浅い場合は、P2の免許証が発行されます。

 

そのため、例えばオーストラリアに来る前に免許を更新してきた場合などは、初心者と間違われてしまうケースもあります。

 

私も日本で車の免許を取得したのは10年以上前ですが、渡航する前に免許証を更新したので、発行日は今年になります。

 

なので、「免許証の発行日」ではなく、「免許の取得日」をきちんと伝えることが大事です。

 

しかも英語訳では、「免許証の発行日」が上の方に記載されていて、「免許の取得日」は一番下に書いてあるので、スタッフも見間違えてしまう可能性が高いです

 

P2の免許証だと、日本の初心運転者期間のようにルールが厳しくなったり制限があったりするので、間違ってP2免許証を発行しないように、「免許の取得日」をきちんと伝えましょう。

 

なお免許証の発行費は84ドルで、10日後くらいに手元に届きました。

 

f:id:TraProak:20210815102945j:plain

 

以上です。

 

関連記事

 

オーストラリア生活に関連して情報を発信しております。

よろしければご覧ください。