元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「除菌する」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20190212090139j:plain

Woman photo created by freepik - www.freepik.com

 

今回は除菌シートに関連して、ネイティブの英語表現を紹介したいと思います。本記事紹介する内容は、

 

 

「除菌する」って英語で何という?

除菌する」/「消毒する」と言いたい場合は、"disinfect" が使えます。

⇒ Use this products as a convenient way to clean and disinfect household surfaces.

また台所や洗面台などに使う「除菌シート」は "disinfecting wipe(s)" と言います。

関連して、キレイキレイのような手を拭く「除菌シート」は "hand sanitizing wipes" と言い、手ピカジェルのような「除菌液」を "hand sanitizer" と表現されます。

 

除菌シートに関する英語表現

使い捨てウェットシートが細菌を除去します

▶ Pre-moistened disposable wipe kill germ.

日本語の「濡れ(ウェット)」にあたる部分は "pre-moistened" が使われています。もちろん "wet" を使って "wet wipe" と言うこともできますが、こちらはどちらかというと、除菌能力がもう少し弱めで、赤ちゃんのおしりを拭いたりするのに使うシートに対して使われることが多いようです。「水に流せる」という意味の "flushable" を用いて "flushable wet wipes" のよう言ったりします。

「使い捨て」は "disposable" が使われます。そのほかにも、「歯磨き粉がついた使い捨て歯ブラシ」= "pre-pasted disposable toothbrushe(s)" や紙皿やストローなどの「使い捨て食卓用品」は "disposable tableware" と言い、ホテルの部屋にある使い捨てスリッパのことは "disposable guest slippers" などと表現します。

"germ" は「細菌」や「病原菌」を意味します。

 

表面処理されていない木材への使用は控えて下さい

▶ Not recommended for bare wood surface.

"bare" には「覆いのない」や「裸の」という意味があります。今回のケースでは、コーティングなどの表面が加工されていない木製品の表面を意味します。関連して、「裸足の」は "barefoot" と言います。

 

使用後のシートは捨てて下さい

▶ Toss dirty wipe away.

"toss away" は「ポイッと捨てる」という意味で使われます。そのほかにも、「捨てる」はいろいろな表現があります。⇩の記事で紹介しております。

www.usaryuugakuandtravel.com

 

この容器の25%は廃プラスティックを再生利用しています

▶ This canister is made of 25% post-comsumer recycle plastic.

入れ物・容器のなかでも、「フタがついてる円筒型の容器」や「お茶やコーヒーなどの入れ物」に対しては "canister" が使われることがあります。

 

まとめ

  • 「除菌する」/「消毒する」= disinfect
  • 「水に流せる」= flushable
  • 「使い捨て」= disposable
  • 「覆いのない」/「裸の」= bare
  • 「ポイッと捨てる」= toss away

 

英語の勉強法に関する参考書

英語の勉強法を紹介する参考書は世の中にたくさんありますが、私がお勧めする参考書はTOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルールです。

「すぐに英語が話せるようになる」とか、「聞いてるだけで・・・」のようなうたい文句をよく見かけますが、この本は違います。確かに半年で TOEIC 280 → 800点や、3年で同時通訳というのは、かなりのハイペースに思えるかもしれません。しかしこの本では、彼女のストイックな勉強法やモチベーションを切らさずに勉強を継続する方法など、ある種泥臭い部分も含めて紹介されており、涙ぐましい努力の結果なんだなと思いました。

もちろん自分にあった勉強法は人それぞれですし、この本に書いてある内容が必ずしも全員に当てはまるとは限りません。でも少なくともモチベーションアップにはつながりますし、改めて継続することの重要性に気付かされた1冊です。また自分の目的・レベルにあった勉強方法を追求し、継続的に努力することで、確実に目標に近づけるという具体的なイメージを描くためにも、意味のある参考書だと思いました。