元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「空にする」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20190309135441j:plain

 

今回はアイロン = "iron" に関連して、ネイティブの英語表現を紹介したいと思います。本記事で紹介する内容は、

 

  

「空にする」って英語で何という?

"empty" は「空の」という形容詞の意味に加え、「空にする」/「他の容器に移す」という意味の動詞としても使うことができます。

⇒ To empty water from iron, lift cover and tilt pointed end of iron over sink until water run out.

⇒ Empty contents of package saucepan.

"tilt" は「傾ける」という意味で、"pointed end" は「尖った先の部分」や「先端」を意味します。

 

アイロンに関する英語表現

収納するときは、コードを緩めに本体に巻いて下さい

▶ Loop / Wrap the power cord loosely around the iron for storing.

"loop" は「輪、ループ」という名詞の意味に加え、今回のように動詞として、「巻く」/「輪で囲む」という意味でも使われます。

 

感電を防止するため、本体は分解しないで下さい

▶ To avoid the risk of electric shock, do not disassemble the iron.

"disassemble" は「取り外す」/「分解する」という意味です。"assemble" =「組み立てる」に "prefix" の"dis-" がついた形です。

関連して、"assembly" という単語がありますが、「組立て」や「集会」という意味の名詞です。副詞ではありません。

⇒ Incorrect assembly might result in a risk of electric shock.

 

アイロン台の上で使用して下さい

▶ Use the iron on an ironing board.

「アイロン台」は "ironing board" です。

 

綿や布製品のしつこいシワには、粒子状の水を噴霧するためにスプレーボタンを押して下さい

▶ Push spray button to release a fine spray of water for difficult wrinkles in cotton or linen.

"fine" は「粒子が細かい」という意味で使われています。

「しつこい」/「面倒な」の意味で "difficult" が使われておりますが、「頑固な」を意味する "stubborn" を用いた、"stubborn wrinkles" もよく見かける表現です。 

 

アイロンの底を傷つける可能性があるため、ファスナーや襟止め、金属製の鋲や留め金にはアイロンをかけないで下さい

▶ Never iron over zippers, pins, metal rivets, or snaps, since these may scratch the soleplate.

"iron" は自動詞としても、他動詞としても使うことができ、今回のように "over" を伴うケースに加え、

⇒ You will need to iron the clothes before your business trip.

のように使うこともできます。

アイロンの底板(熱くなる部分)のことは "soleplate" と言います。"sole" には名詞として「敷板」、「底面」という意味があります。靴の中敷きのことをインソールと言ったりしますが、そのソール "sole" です。

 

まとめ

  • 「空にする」/「他の容器に移す」= empty
  • 「傾ける」= tilt
  • 「取り外す」/「分解する」= disassemble
  • 「組立て」/「集会」= assembly
  • 「アイロン台」/ ironing board
  • 「頑固な」= stubborn