元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「ガソリン缶」に関する英語表現【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20200513212623j:plain

Background photo created by kues1 - www.freepik.com

 

「ガソリン缶」に関する英語表現

 

本記事では、ガソリン缶名称や取り扱い方などに関する英語表現を紹介します。

 

 

ガソリン缶

▶ Gas can

 

「ガソリン缶」"gas can" もしくは "gasoline can" と言います。

 

また、持ち運び可能な燃料缶を総じて、"portable fuel container(s)" などと言います。

 

 

注ぎ口

▶ Spout

 

ガソリン携行缶に限らず、ピッチャー、ティーポットなどの「注ぎ口」は、英語では "spout" と言います。

 

洗面台の「蛇口」にも "spout" が使われ "faucet spout" と表現したり、お風呂の蛇口を "tub spout" と言ったりします。

 

 

(ガソリンが気化した)蒸気は火の粉や火種により引火すると、爆発する可能性があります。

▶ Vapors can explode when ignited by a spark or flame source.

 

"vapor"「蒸気」や、今回のように「気化した物質」を意味します。

なお例文では、When のあとには they are が省略されています。

 

"source"「源」「出所」を意味し、そのほかには

  • "energy source(s)" =「エネルギー源」
  • "source(s) of income" =「収入源」
  • "source(s) of information" =「情報源」 
 のようにも使われます。

 

 

直射日光のあたらない場所に置いてください。

▶ Keep out of direct sunlight.

 

「直射日光」"direct sunlight" です。

 

 

誤飲した場合、命に関わる危険性があります。

▶ Harmful or fatal if swallowed.

 

"harmful" 「有害な」という意味ですが、主に人間の健康状態や自然環境に対して危害を加えることを示します。

 

"damaging"、"injurious"、"unhealthy"、"toxic" など類義語がたくさんあるので、状況に合わせてリフレーズできると良いと思います。

 

"fatal" は "fate" =「運命」の形容詞で、「致命的な」「重大な」という意味になります。

 

"swallow" については別記事 ⇩ でも紹介しておりますので、よろしければご覧下さい。

www.usaryuugakuandtravel.com

 

まとめ

 

本記事でご紹介した単語をまとめます。

 

  • 「ガソリン缶」= gas can / gasoline can
  • 「注ぎ口」= spout
  • 「蒸気」= vapor
  • 「源、出所」= source
  • 「直射日光」= direct sunlight
  • 「有害な」= harmful
  • 「致命的な、重大な」= fatal

 

本ブログでは、英語学習アメリカの国立公園海外大学院留学に関する情報を発信しております。

 

下記の記事もあわせてご覧下さい!

www.usaryuugakuandtravel.com

www.usaryuugakuandtravel.com

www.usaryuugakuandtravel.com