元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

アメリカで車のバッテリー交換【工具があれば自分でできます】

f:id:TraProak:20190219143652j:plain

Vintage photo created by jcomp - www.freepik.com

 

アメリカ滞在中に車のバッテリー交換が必要になった方。ロードサービスや修理工場に連絡するのも面倒くさく自分で交換したい方。アメリカで車のバッテリーを交換する方法について情報共有したいと思います。

 

本記事で紹介する内容は以下の通りです。

 

アメリカで車のバッテリー交換

アメリカで私は車を2台所持しておりますが、2台とも滞在中にバッテリーが寿命を迎えてしまいました。幸い2回とも家を出ようとしたらエンジンがかからないという状況でした。

もし出かけた先でバッテリーが作動しなくなってしまったら、AAAなどのロードサービスに連絡をする必要があるかと思いますが、自宅の場合は自分でバッテリーを交換してしまうのも選択肢のうちの一つかと思います。

 

バッテリーの交換方法

型番を確認する

まずボンネットを開けて、バッテリーを確認します。

f:id:TraProak:20190503095749j:plain

 

次にバッテリーの型番を確認します。下の写真の黄色の枠に囲まれた番号(24F60)が型番です。

f:id:TraProak:20190503100016p:plain

 

交換に必要な工具を容易する

交換に必要な工具は主に2つです。

  • 作業用手袋
  • モンキーレンチ or メガネレンチ

その他怪我防止のため、長袖、ジーパン姿での作業を推奨します。またサンダルなどもできればやめましょう。

f:id:TraProak:20190503113807j:plain

メガネレンチとはこういうものです⇩

車用品店に行く

アメリカにも車用品店はたくさんありますが、代表的なところだとAdvance Auto PartsAutoZoneO'Reilly Auto Partsあたりです。

私は以前にも利用したことがあるAdvance Auto Partsに行きました。バッテリーコーナーがあるので、目的の型番のバッテリーを購入しましょう。

またお店の人に型番を言うと教えてくれます。バッテリーにもいくつか種類がありますが、私はAUTOCRAFTのSILVERを購入しました。SILVERが2年保障で、GOLDは3年保障とのことです。

価格はバッテリー本体が135ドルで、Core chargeが22ドルでした。Core chargeについては後ほど説明します。

shop.advanceautoparts.com

 

マイナス端子を外す

いよしよ交換です。

まずケーブルのマイナス端子を外します。

f:id:TraProak:20190503111356j:plain


マイナス端子が外れました。

f:id:TraProak:20190503111440j:plain

 

プラス端子を外す

次に逆側のプラス端子を外します。

f:id:TraProak:20190503111653j:plain

 

ステーを外す

次にバッテリーを固定しているステーを外していきます。

f:id:TraProak:20190503111821p:plain

 

ステーが外れました。

f:id:TraProak:20190503111919j:plain

 

バッテリーを取り替える

次にバッテリーを取り替えます。取っ手が付いているものは取り出しが楽ですが、私が購入したAUTOCRAFTのバッテリーは取っ手が付いていなかったので、取り付けるのに若干苦労しました。

f:id:TraProak:20190503112027j:plain

 

ステーを取り付ける

バッテリーが交換できたらステーを取り付けます。

f:id:TraProak:20190503112310j:plain

 

ケーブルを接続する

ケーブルを接続するときはプラス端子から取り付けていきます。

次にマイナス端子を取り付けます。

f:id:TraProak:20190503112611j:plain

 

エンジンをかけてみる

エンジンがかかるか確認してみましょう。無事エンジンがかかればあとはカバーやボンネットを元に戻して終了です。お疲れ様でした。

 

古いバッテリーをリサイクルする

古いバッテリーは新しいバッテリーを購入した車用品店に持って行くと、購入時に支払ったCore Chargeが戻ってきます。

Core Chargeとは新しいバッテリーを購入したときのデポジットです。リサイクルを促進するために多くの州で導入されているシステムで、古いバッテリーを返すと返金されます。

 

その他

その他AAAというJAFのようなロードサービスを利用してバッテリーを交換してもらうこともできます。私も1台目の交換の時はこのサービス利用しました。

私は車が2台あるので、もう1台の車でバッテリーを買いに行ったりできますが、他に移動手段がない方などは、ロードサービスを利用するのも良いと思います。

1台目のバッテリー交換でAAAを利用したときは、全て込みで160ドルでした。そもそもバッテリー本体が130ドルくらいするので、約30ドルの手数料といったところです。

私は職業柄このような作業が好きなので自分で交換しましたが、時間や手間暇を考慮すると、ロードサービスを利用するのもありかと思います。

 

関連記事

アメリカからなら直ぐ行けるカンクン・コスメル島のダイビングについて記事にまとめております。体験ダイビングもありカリブ海を満喫できます。

www.usaryuugakuandtravel.com

アメリカの国立公園についても情報共有しておりますのでよろしければご覧下さい。

www.usaryuugakuandtravel.com