元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「炒める」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20190309005723j:plain

Background photo created by valeria_aksakova - www.freepik.com

 

今回はカレーに関連して、ネイティブの英語表現を紹介したいと思います。本記事で紹介する内容は、

 

 

「炒める」って英語で何という?

「炒める」"stir-fry" です。

⇒ Stir-fry meat and vegetables with oil in a large skillet over medium heat.

「深めのお鍋に油を入れ、お肉と野菜を中火で炒めます」

切った野菜や肉を強火で素早く炒めるイメージです。"skillet" はアメリカでは「平たいフライパン」を意味し、イギリスでは「柄のついた小さめの鍋」を意味します。ただ平たいフライパンではカレーは作れないので、今回のように "large" や "deep" をつけることが多いです。

「中火で」は "over" を用いて "over medium heat" と言います。「弱火で」は "over low heat" で「強火で」は "over high heat" です。

 

カレーに関する英語表現

水を加え沸騰させます

▶ Add watear and bring to a boil.

「加える」は "add" で、「沸騰させる」は "bring to a boil" といいます。"bring" はそもそも「もってくる」という意味ですが、そこから「沸点にもってくる」という意味で "bring to a boil" という言い方をします。「水を沸騰させる」は "bring water to a boil" です。

 

弱火にし、フタをして具が柔らかくなるまで煮込みます

▶ Reduce heat, cover and simmer until ingredients are tender.

「フタをする」は "cover" で、「煮込む」は "simmer" と言います。

「食感が柔らかい」は "tender" がよく用いられ、ステーキにも "tenderloin steak" などと言ったりします。

なお "cover" のその他の使い方は⇩でも紹介してますのでよろしければご覧下さい。

www.usaryuugakuandtravel.com

 

よくかき混ぜます

▶ Stir thoroughly.

「かき混ぜる」は "stir" です。"thoroughly" については⇩で紹介しております。

www.usaryuugakuandtravel.com

 

おたたかいご飯にかけてお召し上がりください

▶ Serve over hot rice.

"serve" は「食べ物や飲み物を出す」という意味ですが、"serve over ~" で「~の上に盛る」という意味になります。丼ぶりの作り方を説明するときなどにも使えそうですね。

 

まとめ

  • 「炒める」= stir-fry
  • 「沸騰させる」= bring to a boil
  • 「フタをする」= cover
  • 「煮込む」= simmer
  • 「食感が柔らかい」= tender
  • 「かき混ぜる」= stir
  • 「~の上に盛る」= serve over ~