元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「半押し」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20190213134131j:plain

Camera photo created by welcomia - www.freepik.com

 

今回は家庭用のビデオカメラに関連して、ネイティブの英語表現を紹介したいと思います。本記事で紹介する内容は、

 

 

「半押し」って英語で何という?

半押し」にはいくつか言い回しがあります。"press lightly" を用いて、

⇒ Press PHOTO button lightly to adjust the focus, then press it fully.

「PHOTOボタンを軽く押し(半押し)ピントを合わせたあと、完全に押して下さい」

そのほか "half-pressing" というフレーズを使って、

⇒ Focus on objects by half-pressing the shutter button.

「シャッターボタンを半押しして、被写体にピントを合わせてください」

また "halfway" を用いて 、

⇒ Press the shutter button halfway down to focus, and press it all the way down.

「シャッターボタンを半押ししてピントを合わせたのち、最後まで押してください」

また「ピントを合わせる」は、 "adjust the focus" と言います。

 

 

ビデオカメラに関する英語表現

ビデオカメラ

▶ Camcorder.

「家庭用のビデオカメラ」は "camcorder" と言います。"video camera" でも間違いではないですが、テレビの撮影などで使用する業務用のものを示すことが多く、一般的には "camcorder" がよく使われます。

 

充電池

▶ Rechargeable battery.

「再充電可能な」という意味で "rechargeable" を使います。また日本語でも「電池パック」と言うように、英語でもカメラなどの電池パックは "rechargeable battery pack" と言うことができます。

 

ランプが消えたら充電完了(満充電)です

▶ Lamp turns off when the battery pack is fully charged.

「充電が終わった(完了した)」には "fully" と "charge" の受動態を用いて、"fully charged" という表現が使われます。そのほか "charging is completed" や "finish charging" などの言い方もあります。

 

カメラが電源に接続されていても、バッテリーの電力が消費される場合があります

▶ The battery pack may be consumed even if the camcorder is connected to the wall outlet.

"consume" は「消費する」という意味ですが、日本語と同じように「電池が消費される」という意味で "consume" を使うことができます。電池が何かを消費する訳ではないので、通常受動態が用いられます。

なお使ってないのに電池が減る、いわゆる「自由放電」は "self-discharge" と言います。またスマートフォンなどで、何年も使っていると「電池がだめになる」(充電してもすぐになくなる)現象のことは、"battery aging""capacity loss/fading" などと表現されます。 

 

まとめ

  • 「半押し」= press lightly>
  • 「家庭用ビデオカメラ」= camcorder
  • 「充電池」= rechargeable battery
  • 「充電が完了した」= fully charged

 

お勧めのネイティブ英語勉強ツール

私はアメリカ渡航後もHapa英会話でネイティブの表現を勉強したりしています。ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、ロサンゼルス育ちの日米ハーフ、Jun さんは子供の頃から日本とアメリカの両方の教育を受けてきています。

そのため、日本人に馴染みのないことや、日本人が間違いやすいことなどを踏まえて教えてくれます。Hapa英会話で学んだ表現やフレーズを普段の生活で使ってみて、「あっ、伝わった!」っていう経験がかなりあるので、おすすめできる勉強法の一つです。

Hapa英会話 ネイティブ感覚で話す英語フレーズはそのようなフレーズが凝縮された一冊です。CDも付いているため、ネイティブの発音と一緒にフレーズを勉強することができます。そのほか、ブログやPodcast、YouTubeでも英会話に関するコンテンツを発信してくれているので、あわせてチェックしてみてください。