元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「口をすすぐ」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20190308112020j:plain

 

今回も「歯磨き粉」= "toothpaste"「洗口液」= "mouthwash" に関連して、ネイティブの英語表現を紹介したいと思います。本記事で紹介する内容は、

 

 

「口をすすぐ」って英語で何という?

▶ Swish 10mL of rinse between your teeth for 1 minute and then spit out.

「10mLの洗浄液を1分間すすいでから吐き出してください」

「口をすすぐ、クチュクチュする」は "swish" が使われます。"swish" はもともと「空中で静かに音を立てながらものを動かす」の意味があります。そこから、「洗浄液を歯の間を音を立てながら動かす」≒「口をクチュクチュする」になります。

また "spit" だけでも「吐く」という意味になりますが、ここでは「吐き出す」というニュアンスのため、"spit out" が使われております。

 

歯磨き粉に関する英語表現

6歳未満の小児の手の届かないところに保管してください

▶ Keep out of reach of children under 6 years of age.

www.usaryuugakuandtravel.com

でも掲載した表現ですが、今回は「~未満」を意味する "under" に関連した単語を紹介したいと思います。

"under" は「~未満」を意味するので、6歳は含まれません。そのほか、「~未満」を意味する単語に "less than" や "below" があります。

⇒ It would cost less than ¥1,000.

⇒ Scores below 60 are not acceptable.

それでは「~以下」はというと、"no more than" や数学などでは、"less than or equal to" が使われます。

⇒ You can get there for no more than 2 hours.

 

(商品名)は臨床的に歯を白くすることが証明されております

▶ (商品名)is clinically proven to whiten teeth.

「白くする」は "whiten" です。このように、名詞+en、形容詞+enやenが語頭に来て動詞となるケースはたくさんあります。「炎症」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】 - アメリカ留学情報とネイティブ英語表現集 で紹介した、"tighten" =「締める」や "loosen" =「緩める」もその一つです。

リーディングで意味を理解するだけでなく、スピーキングやライティングでも使いこなせるようになると、表現力がぐっと上がると思います。

また、mouthwashに関連して「息を爽やかにする」という意味で、

→(商品名)freshens breath.

と言ったりします。

 

12歳未満の小児には正しいすすぎ方を指導してください

▶ Instruct children under 12 years of age in good rinsing habits.

"instruct" は「教える」/「指図する」という意味ですが、今回のように「~を教える」と言うときには、前置詞に "in" を使います。

⇒  The firefighters instructed them in the use of fire extinguishers at the event.

 

歯磨き中に水を止めることで、毎回4ガロンの水の節約になります

▶ Turning off your water while brushing your teeth can save up to 4 gallons of water each time you brush.

「止める」は "turn off" と覚えてもいいですが、「流れを切る」という英語の意味を理解しておくと、応用が利きやすいと思います。

turn off:"to stop the flow of electricity, gas, water, etc. by moving a swith, button etc."

引用:Oxford Advanced Learner's Dictionary 8th edition

 

#アメリカの話

余談ですが、アメリカで賃貸の場合だと水道代が定額だったりするので、このような注意書きも大事なのかもしれません。ちなみに1ガロンは3.8リットルくらいです。スーパーだと牛乳は1ガロンで売られています。またガソリンスタンドで自家用車をレギュラー満タンに入れると大体10ガロンくらいです。

アメリカでは他にも、ポンド、オンス、インチ、マイル、ファーレンハイトなど馴染みの薄い単位が使われています。個人的な考えですが、毎回日本で使われている単位に換算するのも大事ですが、牛乳やガソリンのように、なにか直感的に分かりやすいものや、日常でよく使うものを基準に、相対的に理解できるようになると頭の中で計算する手間が省けるかもしれません。

これはお金でも当てはまります。特に1万円は"ten thousand yen"、10万円は"one hundred thousand yen"、100万円で"one million yen"となり、さらに円→ドルの換算で100で割ったりすると結構大変なので、直感的に例えば初任給20万円は"two thousand dollars=$2,000"や賞金100万円は"ten thousand dollars=$10,000"など、分かりやすい例を基準にするといいかもしれません。

 

まとめ

  • 「口をすすぐ」/「クチュクチュする」= swish
  • 「吐き出す」= spit out
  • 「~未満」= under
  • 「~以下」= no more than
  • 「白くする」= whiten
  • 「教える」/「指図する」= instruct
  • 「流れを切る」= turn off