元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「バッテリーが上がる」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20190219143652j:plain

Vintage photo created by jcomp - www.freepik.com

 

「バッテリーが上がると言いたいときは、"battery is dead""battery died" がよく用いられます。 

 

以下では、「車のロードサービス」に関連して、アメリカ留学中に学んだネイティブの英語表現を紹介したいと思います。

 

本記事紹介する内容は、 

 

「バッテリーが上がる」って英語で何という?

 

「バッテリーが上がる」"battery is dead""battery died" がよく使われます。

 

例文 ⇒ If your vehicle's battery is dead, the service technician will jump-start your vehicle.

 

例文中の "jump-start" は日本語でも「ジャンプスタート」と言うように、他の車のバッテリーとつないでエンジンをかけることです。

 

ロードサービスに関する英語表現

 

その他にも、「ロードサービス」に関連した英語表現をご紹介します。

 

ロードサービスを受けられる際には、故障した車に同行して下さい。

▶ You must be with the disabled vehicle at the time of service.

 

機械的な故障で「動かなくなってしまった車」のことは "disabled vehicle"、 もしくは "disabled car" と言います。

 

一方、ぬかるみなどにはまって「動かない」と言いたい場合は、 「立ち往生する」という意味の "stick" を用います。

 

例文 ⇒ If your vehicle becomes stuck, it will be extricated or winched.

 

"extricate"「救い出す、解放する」という意味です。

例えば、消防士の方が車に閉じ込められた人を「救い出す」と言いたい場合は、

例文 ⇒ The firefihgter extricated a trapped man from his vehicle.

 

 のように使われます。

 

 

修理工場に行き、資格を持つ技術者にご相談ください。

▶ It is recommended that you proceed to a repair facility to consult a qualified technician.

 

最初に何か別のことを終えて、そのあと次の行動に「移行する」「進む」と言いたいときに "proceed" が使われます。

 

「ロードサービスで応急的な処置はするけれども、処置が終わってとりあえず車が動くようになったら、後日修理工場に行ってきちんと修理して下さい」という意味です。

 

 

空気が充填されており使用可能なスペアタイヤをお持ちの場合は、パンクしたタイヤと交換いたします。

▶ If your vehicle's spare tire is inflated and serviceable, it will be installed to replace a flat tire.

 

日本語でも「スペアタイヤ」と言いますが、英語でもそのまま "spare tire" と言うことができます。

 

空気やガスで「膨らます」「膨張させる」"inflate" を使います。

 

パンクして「ペチャンコになったタイヤ」"flat tire" と言います。

そのほか「パンク」と言いたい場合は、「穴を開ける」という意味の "puncture" を用いて、"punctured tire""tire puncture" と言うこともできます。

 

 

ガス欠の際は、規定量のガソリンを補給しに向かいます。

▶ If your vehicle runs out of fuel, a limited supply will be delivered.

 

「ガス欠」は 「使い果たす」という意味の "run out of" を用いて、"runs out of fuel""runs out of gas" と言います。

 

 

車が動かない場合や安全に走行できない場合いは、故障された場所から5マイルまでは無料で牽引(レッカー)致します。

▶ When your vehicle cannot be started or safely driven, it will be towed without charge to a dstination of your choice up to five miles from the point of breakdown.

 

「牽引する、レッカーする」"tow" という動詞が使われます。

日本語の「レッカーサービス」に対応する英語は "towing service" です。

 

まとめ

 

本記事で紹介した英単語をまとめます。

 

  • 「バッテリーが上がる」= battery is dead/ battery died
  • 「立ち往生する」= stick
  • 「救い出す、解放する」= extricate
  • 「移行する、進む」= proceed
  • 「膨らます、膨張させる」= inflate
  • 「パンク」= punctured tire/tire puncture
  • 「ガス欠」= runs out of fuel/runs out of gas
  • 「牽引する、レッカーする」= tow

 

本ブログでは、英語学習アメリカの国立公園海外大学院留学に関する情報を発信しております。

 

下記の記事もあわせてご覧下さい!

www.usaryuugakuandtravel.com

www.usaryuugakuandtravel.com

www.usaryuugakuandtravel.com

 

シャドーイングのすすめ

英語を学習されている方ならシャドーイングによる勉強法は一度は耳にしたことがあるかと思います。

しかしシャドーイングの勉強法に特化して、

 

  • なぜシャドーイングがそれほどまで効果が期待できる勉強法なのか?
  • 具体的にどのような手順・意識でシャドーイングに取り組めば良いのか?
  • どれくらい繰り返せば良いのか?

 

などを詳しく解説した参考書は少ないかと思います。

 

そのような疑問に対して徹底的に解説する参考書が究極の英語学習法K/H system シリーズです。

 

 

これらの参考書ではシャドーイングをすることで、リスニング能力が向上する理由を詳しく解説しているだけでなく、シャドーイングをする上で効果的な手順を具体的に説明しております。

 

私もこの本を読むまでは、リスニングの勉強として英語を声に出すことはほとんどなく、ひたすら聞くことでリスニング力を伸ばそうとしていました。

 

それでもある程度まではできるようになりましたが、だんだん頭打ちになっていくのを感じました。

そこでシャドーイングを本格的に取り入れた結果、TOEICや英検だけでなく、TOEFLの長いリスニング問題にも対応できるリスニング力を養うことができました。

 

またシャドーイングはリスニングだけでなく、スピーキングにも有効な勉強法であるため、アメリカ渡航後も引き続き実践しています。

 

リスニングの勉強に行き詰まってしまった方や、シャドーイングを本格的に取り入れたいという方にはおすすめの参考書です。

 

発展編までありますので、徹底的にシャドーイングに取り組みたい方にはもってこいです。