元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

オーストラリアでBUPAの払い戻しを請求する方法【メルボルン情報】

f:id:TraProak:20210828163558j:plain

 

中長期でオーストラリアに滞在予定の方は、現地の医療機関に行く機会もあると思います。

 

オーストラリアの市民権や永住権を持っていない場合は、メディケア(国民医療制度)に加入することができません。

 

そのため、診察時にはとりあえず全額を支払い、ビザを取得する際に加入した保険会社に、あとから払い戻しを請求することになります。

 

ちなみにGPなどの医療機関では日本で発行されたクレジットカードでも支払いができるケースが多いので、現金をたくさん用意する必要はありません。

 

本記事では、私が加入しているBUPAという保険の払い戻しを請求する方法について紹介します。

 

オーストラリアでBUPAの払い戻しを請求する方法

 

オーストラリア滞在中に、メルボルンにあるGP(Midtown Medical Clinic)で予防接種を受けました。

 

私の就労ビザでは、メディケアに入ることができないので、とりあえずVISAカードで全額支払いをし、家に帰ってからBUPAに払い戻しの請求をしました。

 

まず、BUPAのアカウントにログインします。

こちら:Log into myBupa

 

"Make a claim" を選択します。

 

f:id:TraProak:20210828162928p:plain

 

どの医療サービスを受けたか選択します。

GPの場合は、"Medical Doctor" を選びましょう。

 

f:id:TraProak:20210828162958p:plain


次にサービスを受けた医療機関の "Provider number" を入力します。

ほとんどの場合、支払い時に受け取るレシートに書いてあります。

 

f:id:TraProak:20210828163017p:plain

 

"Provider number" を入力すると、診察を受けた先生の名前が表示されます。

 

私の場合は、Midtown Medical Clinic のAiko先生(日本人のお医者さん)の診察を受けたので、Aiko先生の名前が表示されます。

 

f:id:TraProak:20210828163038p:plain

 

 

 

次に診察を受けた人(本人もしくは家族)の名前と、診察を受けた日付を入力します。

 

f:id:TraProak:20210828163056p:plain

 

次に診察に関する質問に答えます。

GPで診察を受けたり、予防接種を受けただけであれば、どちらも "No" で大丈夫です。

 

 

f:id:TraProak:20210828163113p:plain

 

レシートをアップロードします。

プリンターでスキャンしてもいいですし、スマホのカメラで撮影したものでも大丈夫です。

 

f:id:TraProak:20210828163126p:plain

 

振込先の銀行口座を入力したあと、請求内容を確認できます。

240ドルに対して、124ドル戻ってきました。

 

f:id:TraProak:20210828163221p:plain

 

日本の3割負担よりは高いですが、半分戻ってくるなら十分かなと思います。

請求した翌日にはNABの口座に124ドルが振り込まれていました。

 

ちなみに本記事で紹介したAiko先生は、メルボルンにあるGP(Midtown Medical Clinic)で働かれている日本人のお医者さんです。

日本人医師|メルボルン|オーストラリア|Doctor Aiko in Melbourne

 

日本語のサポートもあるので安心です。

日本語サポート - Midtown Medical Clinic

 

関連記事

 

オーストラリア生活に関連して情報を発信しております。

よろしければご覧ください。