元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

オーストラリアで日本政府指定の陰性証明書を取得する方法【メルボルン情報】

f:id:TraProak:20211219145325j:plain

 

  • 2022年9月7日よりも前に日本に帰国予定の方
  • オーストラリアで陰性証明書を取得する必要がある方

 

2022年9月7日よりも前に日本に入国するためには、出国前72時間以内にPCR検査を受けて、陰性証明書を取得する必要があります。

 

濃厚接触者になってしまった場合や、オーストラリア国内の移動のためであれば、特に問題はありません。

 

しかし、日本に帰国する場合は、日本政府が指定する様式で陰性証明書を取得する必要があります。

 

本記事では、オーストラリアで外務省指定のフォーマットで陰性証明書を取得する方法について解説します。

 

オーストラリアで日本政府指定の陰性証明書を取得する方法

 

オーストラリアで外務省指定のフォーマットで陰性証明書を取得する方法は以下の2つです。

 

  • 4Cyte Pathology で取得する
  • GPで取得する

 

以下でそれぞれ解説します。

 

4Cyte Pathology で取得する

 

4Cyte Pathology というPCR検査会場で、旅行者向けの陰性証明書を発行しています。

こちら:4Cyte Pathology - Home

 

入力フォームに必要事項を記入すると、日本政府が指定する検体採取方法やフォーマットが自動で選択されます。

 

f:id:TraProak:20211219151915p:plain

 

ビザかマスターカードで支払いができます。

到着地が日本の場合は120ドルです。

 

支払い完了後、Request Formがメールで送られてきます。

印刷して、検査会場に持って行きましょう。

 

検査を受ける日時は予約する必要はありません。

 

あとはパスポートかIDを持って、家の近くにある4Cyte Pathologyに行くだけです。

検査会場の検索はこちら:4Cyte Pathology - Our Locations

 

f:id:TraProak:20211219152019p:plain

 

予約制ではないので、場所や時間帯によっては、待ち時間が長くなることもあります。

 

私はメルボルンのCBDにある 4Cyte Pathology に行きましたが、30分くらい並びました。

 

f:id:TraProak:20211219153038j:plain

 

メルボルンの 4Cyte Pathology がこちら⇩

 

f:id:TraProak:20211219153156j:plain

 

 

検査を受けた24時間以内に、陰性証明書がメールで送られてきます。

 

記載内容に不備がないかを確認し、問題がなければ印刷して持って行きましょう。

 

 

 

GPで取得する

 

メルボルンの話になりますが、GP(ミッドタウンメディカルクリニック)で取得することもできます。

 

日本人の医師(Aiko先生)が対応してくれるので、検査を受ける時間の相談などもスムーズです。

 

また、どうしても都合が合わず、勤務日に検査に行けない場合は、先ほど紹介した4Cyte Pathology の予約を代行してくれます。

 

陰性証明書の印刷などもしてくれるので安心です。

 

ただし、予約が取りにくい時期もあるので、日本への帰国日が決まったら早めに問い合わせましょう。

日本人医師|メルボルン|オーストラリア|Doctor Aiko in Melbourne

 

日本語のサポートもあるので安心です。

日本語サポート - Midtown Medical Clinic

 

関連情報

 

外務省指定のフォーマットはこちら:

有効な「出国前検査証明」フォーマット|外務省

 

日本入国に必要な手続きはこちら:

豪州から日本に入国する皆様へ| 在オーストラリア日本国大使館

 

日本入国後の自主隔離についてはこちら:

新型コロナウイルス感染症について|厚生労働省

 

関連記事

 

本ブログでは、オーストラリアでの生活に関連して情報を発信しております。

よろしければご覧ください。

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

www.usaryuugakuandtravel.com