元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

子連れでオーストラリアへ入国する際に必要な手続きについて【メルボルン情報】

f:id:TraProak:20220115071205j:plain

  • お子さんと一緒にオーストラリアへ渡航予定の方

 

2021年12月15日より、日本人のワクチン接種者は、隔離なしでオーストラリアへの入国が可能になりました。

 

変異種の拡大次第で変更される可能性はありますが、入州後24時間以内に受検したPCR/RAT検査の結果が陰性であれば、自由に行動することができます。

 

以前、別記事にてオーストラリア入国前に実施すべき手続きをまとめました。

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

しかし、お子さんと一緒に渡航する場合には、お子さんの分の手続きが年齢に応じて変わります。

 

本記事では、手続きの内容がどのように変わるのか紹介したいと思います。

 

子連れでオーストラリアへ入国する際に必要な手続きについて

 

オーストラリア(メルボルン)への渡航にあたり、実施すべき手続きは以下の4つです。

 

  • 渡航前のPCR検査
  • 渡航申告(Australia Travel Declaration)
  • 入州許可申請(International passenger arrivals permit)
  • 渡航後のPCR/RAT検査

 

それでは見ていきましょう。

 

渡航前のPCR検査

 

飛行機のチェックイン時に、お子さんの年齢が4才以下の場合

 

渡航前のPCR検査は必要ありません。

保護者の方のみ受検してください。

 

飛行機のチェックイン時に、お子さんの年齢が4才以上の場合

 

渡航前のPCR検査が必要です。

保護者の方と同様に受検してください。

 

 

なお渡航前のPCR検査については、別記事の「英文の陰性証明書」が参考になります。

 

こちらの記事をご参照ください⇩

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

渡航前のPCR検査に関する一次情報はこちら:

オーストラリア保健省ホームページ

Inbound international travel | Australian Government Department of Health

 

実際に渡航される際は、最新の情報をチェックしてください。

 

 

 

渡航申請(Australia Travel Declaration)

 

年齢に関係なく申請が必要です。

 

一応、オーストラリア保健省のホームページには、

 

お子さんの年齢が15才以下の場合

 

保護者が代理で申請できます。

 

お子さんの年齢が15才以上の場合

 

お子さんご自身で申請する必要があります。

 

 

と書いてありますが、申請はホームページから行いますので、

いずれにせよ保護者の方がお子さんの分の申請フォームを入力して提出すればOKとなります。

 

申請はこちらから:

Home | Australia Travel Declaration

 

申請が終わると、Department of Home Affairs からメールでORコードが送られてきます。

 

渡航時に確認されることもあるので、印刷するかスクリーンショットに保存しておきましょう。

 

 

 

入州許可申請(International passenger arrivals permit)

 

年齢に関係なく申請が必要です。

 

ホームページの書き方が微妙な部分もありますが、

 

お子さんの年齢が12才2か月以下の場合

 

保護者の入力フォームに、お子さんの名前を加えればOKです。

 

こんな感じ⇩

f:id:TraProak:20220114204619p:plain

 

お子さんの年齢が12才2か月以上~18才以下の場合

 

扶養家族と解釈すれば、保護者の入力フォームに、お子さんの名前を加えればOKです。

dependants が複数形で書かれているので、配偶者に加えて、子供も含まれると考えられます。

 

一方でホームページには、

 

above 12 years and 2 months of age and below 18 years of age and travelling alone, or with at least one parent or guardian who is fully vaccinated or medically exempt

 

とも書かれているので、心配な場合は、お子さんの分を分けて申請するのもありかと思います。

 

ビクトリア州の入州許可はこちらから:

COVID-19 border entry | COVID-19 | Service Victoria

 

申請後は同じく、ORコードがPDFで送られてくるので、印刷するかダウンロードしておきましょう。

 

 

同様にサウスオーストラリア州に入州予定の旅行者も、事前に入州許可を得る必要があります。

 

サウスオーストラリア州の入州許可はこちらから:

SAPOL - Cross border travel

 

なお、ニューサウスウェールズ州については、2022年1月現在、事前の入州許可申請は求られておりません。

 

最新情報はこちらから:

Travellers entering NSW | Service NSW

 

 

 

渡航後のPCR/RAT検査

 

お子さんの年齢に関係なく、全渡航者が必要です(ビクトリア州の場合)

 

最新情報はこちら:

Information for overseas travellers | Coronavirus Victoria

 

オーストラリア入国後24時間以内に、Rapid Antigen Test もしくは PCR test を受験し、陰性の結果が分かるまでは自宅等で待機する必要があります。

 

なお検査会場により、受付時間や年齢制限(5歳以上限定)もあるので、早めに調べておくことをおすすめします。

 

お近くのPCR検査会場はこちらから検索できます。

Where to get tested for COVID-19 | Coronavirus Victoria

 

薬局のRapid Antigen Test Kit の在庫状況はこちらから検索できます。

Find a RAT

 

もしくは、GP(ミッドタウンメディカルクリニック)に相談するのもありです。

日本人医師|メルボルン|オーストラリア|Doctor Aiko in Melbourne

 

日本語のサポートもあるので安心です。

日本語サポート - Midtown Medical Clinic

 

 

以上です。

 

状況は常に変化しておりますので、必ずご自身にて最新の情報をチェックするようにしてください。

 

本記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

 

関連記事

 

その他にもオーストラリアへの渡航に関連して情報を発信しております。

よろしければご覧ください。

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

www.usaryuugakuandtravel.com