元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「水に浸ける」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20190309045015j:plain

 

今回もポップアップ式のトースターに関連して、ネイティブの英語表現を紹介したいと思います。本記事で紹介する内容は、

 

 

「水に浸ける」って英語で何という?

「液体や水に浸ける」"immerse" を使います。完全に液体の中に浸けてしまうイメージです。

⇒ Do not immerse the toaster in liquid.

「トースターを液体に浸けないでください」

また同じく「浸ける」/「浸す」という意味で "soak" が使われます。これは汚れを取るために洗剤に浸したり、フレンチトーストを作るときにパンを浸すと言うようなときに使われます。

⇒ Soak thick slices of bread in a mixture of eggs, milk, and vanilla.

 

トースターに関する英語表現

レバーが固定されるまで押してください

▶ Press the bread carriage lever until it locks.

「固定する」は "lock" です。また「カギを閉める」という意味でも使われます。逆に「カギを開ける」は "unlock" と言います。

同じくドアなどを「開ける」という意味で "open" がありますが、"open" は「開く」を意味し、「カギを unlock してドアを開ける」や「 lock されていないドアを開く」というニュアンスで使われます。

ちなみに「持ち歩くカギ」も「ドアについているカギ」も日本語では同じ「カギ」ですが、英語では「持ち歩くカギ」は "key" で、「ドアについているカギ」は名詞として "lock" が使われます。

 

お好みの焼き加減になりましたら、自動的にポップアップします

▶ After the desired level of darkness has been reached, the food will pop up automatically.

"desire" は「望む」/「希望する」という意味の動詞で、今回のように "desired level of~" で「希望するレベル」/「望んでいたレベル」のように使われます。例えば、

  • desired level of proficiency
  • desired level of output
  • desired level of performance
  • desired level of quality

などいろいろあります。

"pop up" は「ポップアップする」という意味の動詞としても使えます。

 

トースターの側面を軽くたたいて、トースター内にひっかかったパンくずを取り除いてください

▶ Lightly tap the sides of the toaster to dislodge any crumbs caught in the toast chamber.

"tap" だけでも「軽くたたく」/「コツコツする」という意味があります。

"dislodge" は「追い出す」/「取り出す」という意味で使われます。"chamber" は今回のケースのように、体内や機械類内の「空間」という意味のほか、「広間」/「部屋」という意味があります。

⇒ Harry Potter and the Chamber of Secrets

 

#アメリカの話

余談ですが、歯医者で詰め物の高さを調整するときに、日本だと「カチカチカチ、グリグリグリ」などと言われますが、私が通っている歯医者 "dentist" では、"tap, tap ,tap, grind, grind, grind" と言ってました。

 

まとめ

  • 「液体や水に浸ける」= immerse
  • 「浸す」= soak
  • 「固定する」/「カギを閉める」= lock
  • 「カギを開ける」= unlock
  • 「望む」/「希望する」= desire
  • 「追い出す」/「取り出す」= dislodge
  • 「広間」/「部屋」= chamber