元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「乗り物酔い」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20190309013452j:plain

Food vector created by macrovector - www.freepik.com

 

今回は酔い止め薬に関連して、ネイティブの英語表現を紹介したいと思います。スーパーやドラッグストアで薬を探すときなどにも使える表現だと思います。本記事で紹介する内容は、

 

  

「乗り物酔い」って英語で何という?

全般的に「乗り物酔い」と言いたいときは "motion sickness" が使われます。そのほか何で酔ったかを付け足したい場合は、

  • carsickness" = 車酔い
  • seasickness" = 船酔い
  • airsickness" = 飛行機酔い

と言うことができます。また "-ness" の部分を省略し形容詞として、

⇒ I got seasick for the first time in my life.

「人生で初めて船酔いになったよ」のように使えます。

 

酔い止め薬に関する英語表現

酔い止め薬

また「酔い止め薬」は "motion sickness relief" がよく使われます。"relief" には「(苦痛や不安の)除去」という意味があります。

また使う機会は少ないかもしれませんが、"antiemetic(s)" =「制吐薬」という単語もあり、薬のパッケージに書いてあったりします。

 

眠くなりにくいタイプ

▶ Less drowsy formula.

「眠い」/「眠気を誘う」は "drowsy"(形容詞)です。"formula" は薬に使われる場合は「処方」と言う意味になるので、「眠くなりにくいタイプ」と訳してみました。

 

乗り物酔いによる吐き気や嘔吐、めまいの予防及び緩和

▶ Prevention and treatment of nausea, vomitting, or diziness associated with motion sickness.

"nausea" は「吐き気」で、実際に「吐く」は "vomit" です。

"dizziness" は「めまい」や「ふらふら」してしまうことを意味します。

"associated with~" は「~と関係する」/「関連する」という意味があります。

⇒ You can change the password associated with your account.

 

乗り物酔いを予防するために、乗車する1時間前に(1回目の)服用してください

▶ To prevent motion sickness, take the first dose one hour before starting activity.

"dose" は「(1回分の)服用」を意味します。また、一回に1~2錠、1日2錠までという場合に、"first dose" などと言ったりします。例えば一回目に1錠飲んで、二回目にもう1錠飲む場合などです。アメリカの薬は強いことが多いので、1~2錠と書いてあったら基本1錠で十分なことが多いです。

 

パッケージに記載の使用期限までに使用してください

▶ Use by expiration date on package.

「使用期限」/「賞味期限」は "expiration date" と言います。「期限が切れる」と言う意味の "expire" も同時に覚えるといいと思います。また食品のパッケージには、“USE BY FEB 15 2019" や “BEST IF USE BY FEB 15 2019"、“BEST BY FEB 15 2019" などと書いてあることも多いです。

 

まとめ

  • 「乗り物酔い」= motion sickness
  • 「酔い止め薬」= motion sickness relief
  • 「眠い」/「眠気を誘う」= drowsy
  • 「処方」= formula
  • 「吐き気」= nausea
  • 「~と関係する」/「関連する」= associated with~
  • 「(1回分の)服用」= dose
  • 「使用期限」/「賞味期限」= expiration date