元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

「手間のかからない」って英語で何という?【アメリカ留学中の日常英語】

f:id:TraProak:20190309071152j:plain

 

今回はプリンターのインクカートリッジ= "Ink cartridge" に関連して、ネイティブの英語表現を紹介したいと思います。本記事で紹介する内容は、

 

 

「手間のかからない」って英語で何という?

「手間のかからない」は "hassle-free" といいます。以前⇩で "-free" の使い方について紹介しましたが、"hassle-free" もそのうちの一つです。"hassle"=「苦労する」、「悩ます」が "free" なので「手間のかからない」というような意味になります。

www.usaryuugakuandtravel.com

 

インクカートリッジに関する英語表現

すぐに乾き、にじみにくい

▶ Instantly-dry, smudge resistant.

「インクがにじむ」は "smudge" といいます。"resistant" は「抵抗力がある」という意味の形容詞で、「抵抗する」と動詞として使いたい場合は "resist" を用います。

そのほか "water resistant"=「耐水性」や "heat resistant"=「耐熱性」、"shock resistant"=「耐衝撃性」などの言い方があります。

なお「防水」という意味で "waterproof" がありますが、"waterproof" は水を通さないのに対して、"water resistant" は耐性があるだけなので、水につけたり、ずぶ濡れにした場合は壊れます。

 

カートリッジのラベルを剥がさないで下さい

▶ Do not remove or tear label on cartridge.

"tear" には名詞として「涙」という意味のほか、動詞として使われた場合は「引き剥がす」/「破る」などの意味になります。

 

カートリッジは信頼性を保つため真空包装されています

▶ Cartridge is vacuum-packed to maintain reliability.

「真空包装する」は "vaccum-pack" という表現をします。また "reliability" は "reliable" の形容詞で「信頼性」/「確実性」などと訳します。

 

開封後6ヶ月以内に使い切って下さい

▶ Use up ink within 6 months of opening.

「使い切る」/「使い尽くす」は "use up" といいます。

そのほか "up" を使った言い回しとして、"eat up" =「食べ切る」や、口語的に「よく聞けよ」という意味で "listen up" などがあります。大学のグループワークなどでも耳にします。

 

カートリッジを分解しないでください

▶ Do not dismantle cartridge.

「分解する」/「取り外す」は "dismantle" が使われます。家電製品の取扱説明書などにもよく書いてある表現です。

dismantle:"to take apart a machine or structure so that it is in separate pieces"

引用:Oxford Advanced Learner's Dictionary 8th edition

 

まとめ

  • 「手間のかからない」= hassle-free
  • 「インクがにじむ」= smudge
  • 「抵抗力がある」= resistant
  • 「引き剥がす」/「破る」= tear
  • 「真空包装する」= vaccum-pack
  • 「使い切る」/「使い尽くす」= use up