元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール|読んだ感想

f:id:TraProak:20210814163008j:plain

 

英語の勉強法を紹介する参考書は世の中にたくさんありますが、私がお勧めする参考書はTOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルールです。

 

「すぐに英語が話せるようになる」とか、「聞いてるだけで・・・」のようなうたい文句をよく見かけますが、この本は違います。

 

確かに半年で TOEIC 280 → 800点や、3年で同時通訳というのは、かなりのハイペースに思えるかもしれません。

 

しかしこの本では、彼女のストイックな勉強法モチベーションを切らさずに勉強を継続する方法など、ある種泥臭い部分も含めて紹介されており、涙ぐましい努力の結果なんだなと思いました。

 

もちろん自分にあった勉強法は人それぞれですし、この本に書いてある内容が必ずしも全員に当てはまるとは限りません。

 

でも、改めて継続することの重要性に気付かされた1冊です。

 

また自分の目的・レベルにあった勉強方法を追求し、継続的に努力することで、確実に目標に近づけるという具体的なイメージを描くためにも、意味のある参考書だと思いました。

 

 

著者の紹介

 

著者:小熊 弥生

略歴:早稲田大学社会科学部卒業。

 

同時通訳者、バイリンガルMC、英語モチベーションアップセミナー講師を務める。

短大卒業後に通訳者を目指すも、英語力は英検4級、TOEIC280点と“平均以下”からスタートを切る。

 

独自の勉強法を駆使し、半年後にTOEIC805点を取得して大手英会話学校講師に。

その後、TOEIC950点、英検1級、通訳検定2級を取得し、短大卒業から3年半で通訳者デビューを果たす。現在はフリーの同時通訳者として、主にビジネスシーンを中心に活躍中。

 

関連記事

 

本ブログでは、英語学習アメリカの国立公園海外大学院留学に関する情報を発信しております。

 

下記の記事もあわせてご覧下さい!