元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

バーミリオンクリフス・サウスコヨーテ旅行記【抽選会や行き方など】

f:id:TraProak:20200320181029j:plain

 

アメリカ・バーミリオンクリフス国定公園について情報収集されている方へ。

アメリカ西部・グランドサークルのロードトリップをご計画中の方。

 

本記事は、バーミリオンクリフス国定公園・サウスコヨーテビュートを観光したときの旅行記です。

 

 

バーミリオンクリフス・サウスコヨーテ旅行記 

「世界の果てまで行ってQ」でイモトアヤコが訪れて以来、日本でも知名度が上がっているバーミリオンクリフス国定公園。

 

ちなみにバーミリオンクリフス国定公園には、「ノースコヨーテビュート」と「サウスコヨーテビュート」があって、イモトが行った場所はノースコヨーテビュートのザ・ウェーブ。

 

もちろんアメリカ国内でもノースコヨーテの方が人気で、抽選会にも多くの人が集まります。

私も当初はノースコヨーテに行きたくて抽選会に臨みましたが、あえなく落選。

 

そこでノースコヨーテの抽選会の後にある、サウスコヨーテの抽選会に参加したところ、定員割れで行けることになりました。

 

本記事では、バーミリオンクリフス国定公園のサウスコヨーテビュートに訪れた時のことを以下の3つのパートに分けてご紹介します。

 

  1. 抽選会に行く!
  2. 4WDのジープを借りる!
  3. いざ出発!

 

以下でそれぞれについて説明します。

 

1. 抽選会に行く!

バーミリオンクリフス国定公園は、自然保護の観点から1日に公園内に入れる人数が制限されています。

ノースコヨーテ、サウスコヨーテともに1日20人まで許可書が発行されます。

そのうちの10人は事前のインターネット申し込みにより決まるので、残りの10人が前日の抽選会(lottery)で決まります。

 

抽選会はカナブ(Kanab)にある、BLM Kanab Visitor Center で開催されます。

BLM Kanab Visitor Center は Quality Inn Kanab National Park Area の隣にあります。

ちなみに抽選会は英語で「lottery」です。

 

ノースコヨーテの抽選会は9AMから、サウスコヨーテの抽選会は10AMからそれぞれ開催されます。

 

最新情報はこちら⇩

Coyote Buttes | Bureau of Land Management

【注意】QUESTION: How do I get a walk-in permit? の VIEW ANSWER タブを開く必要があります。

 

BLM Kanab Visitor Centerは8AMに開きます。

受付で申込書に記入して提出すると、番号が割り振られます。

抽選会はビンゴを用いて行われ、その番号が当選番号になります。

なお1グループでエントリーできるのは6人までです。

 

9AMになると抽選会場に入るように言われます。

人数が多いため会場に入るのは、1グループ1人までと言われました。

(2人で入りましたが、特に何言われませんでした。ただしグループの人数が多い場合は全員で入るのはやめておいた方が良いと思います)

 

まずルール説明があります。主な内容としては、

【申込用紙を2枚提出したり、同じ名前が複数の申込用紙に記入されていたりすると、その時点でその申込用紙は破棄され、抽選会場から追い出す】ということでした。

 

実際に参加者の名前を微妙に変えて、同じ名前を複数の申込用紙に書いて提出していたアジア系の観光客がバレて追い出されていました。

 

要するに「ズル」はできないということです。

 

当選したグループは、抽選終了後にレンジャーによるレクチャーを受け、入場料(5ドル/人)を払うと、チケットやマップ、注意書きの紙を受け取ります。

 

レンジャーのよるレクチャーの内容は以下の通りです。

  • 4WD以外の車では絶対に行くな
  • スピードは出しすぎるな
  • 公園内で携帯は使えない
  • 最悪の場合を想定して、1泊分の水と軽食は持って行け
  • ゴミは絶対に捨てるな
  • トイレは穴を掘ってしろ
  • 時間に余裕を持て

 

さずが自己責任の国という感じでした。

 

最後に4WDのジープをレンタルできるショップを教えてもらい、ビジターセンターを去りました。

 

 

2. 4WDのジープを借りる!

抽選会当日

公園に行くのは次の日なので、まず4WDのジープをレンタルします。

ビジターセンターでレンジャーに教えてもらった、 Xpress Rent-A で借りました。

場所はここ⇩

 

前日でしたが、問題なく借りることできました。

レンタル料金は以下の通りです。

基本料金 179ドル/日

保険料  25ドル/日

ユタ州のレンタカー税 10.6%

ドライバーの追加料 1.99ドル/日

 

1日レンタルして200ドルちょいです。

なお、1日150マイルまでは料金に含まれますが、それ以上は追加料金とのこと。

ただし、カナブを出発してサウスコヨーテを観光したくらいでは150マイルを超えることはまず無いと思います。

 

予約をするとき、

「どこに行くんだ?」、「ジープは運転したことあるか?」など、運転する際の簡単なレクチャーがありました。

 

【注意】レンタルする際の条件は以下の通りです。

  • 21歳以上であること
  • 日本の運転免許証
  • パスポート
  • 英語で書かれた国際免許証
  • クレジットカード
  • 保険には必ず入る(アメリカで車の保険を持っている人を除く)

ショップによって多少異なるでしょうが、レンタルする予定がある方は念のため持って行くようにしましょう。

公園へのアタックは翌日なので、今日は予約だけして宿に戻りました。

 

アタック当日

まずジープをピックアップしに行きます。

昨日予約した旨を伝えると、用意してあったジープに案内され、簡単なレクチャーがあります。

 

ジープはオートマなので、マニュアル車のようなクラッチ操作は基本的には必要ありません。

ただし、ギアを入れ替える時は、毎回ニュートラルに戻すように言われました。

 

その他はレンタカーを借りるときと同じです。ガソリンは満タンにして返すようにとのことでした。 

 

返却時は、お店の外にあるボックスに鍵を入れればそれで終わりとのことでした。


なおレンタカーは Xpress Rent-A の駐車場に置いていけます。


レンタルしたジープ⇩

f:id:TraProak:20200321104601j:plain

 

無事ジープをピックアップできたので、いよいよ出発です! 

 

3. いざ出発!

まずスーパーに向かい、大量の水とビーフジャーキー、スポーツドリンクなどを購入。

ホテルの朝食で調達したパンとリンゴを組み合わせると、それなりのランチになりました。

f:id:TraProak:20200321093352j:plain
f:id:TraProak:20200321093340j:plain
f:id:TraProak:20200321093403j:plain
f:id:TraProak:20200321093415j:plain

 

スーパーの場所はここ⇩

 

もう一ヶ所 Glazier's Market というスーパーもあります。

 

まずUS-89を東へ約40分車を走らせます。

道路が右へ大きく曲がった先で、未舗装の House Rock Valley Rd に入ります。

場所はここ⇩ 

 

8マイルほど走ると、Wire Pass Trailheadがあります。

f:id:TraProak:20200321094830j:plain

 

ノースコヨーテのザ・ウェーブに行く方はここから歩くことになります。

 

トレイルの入り口⇩

f:id:TraProak:20200321095131j:plain

 

トイレもあります。

f:id:TraProak:20200321095333j:plain

 

Wire Pass Trailhead の場所はここ⇩

 

ここから Paw Hole へと向かいます。

 

Paw Hole

Wire Pass Trailhead から更に8マイル走ると、Lone Tree Parking Area があります。

ここを左折します⇩

f:id:TraProak:20200321095943j:plain

 

 2.3マイルほどで Paw Hole のトレイルヘッドに到着します。

f:id:TraProak:20200321100208j:plain

 

Paw Hole の場所はここ⇩

 

こぶのような岩がたくさんあります。

f:id:TraProak:20200321103614j:plain

 

足下がもろいところもあるので、気をつけましょう。

f:id:TraProak:20200321103801j:plain

 

大きな奇岩。

f:id:TraProak:20200321104237j:plain

 

波の模様が見えてきました。

f:id:TraProak:20200321103904j:plain

 

期待が高まります。

f:id:TraProak:20200321104019j:plain

 

ザ・ウェーブに負けない景観。

f:id:TraProak:20200320181029j:plain

 

他の観光客は一人もいませんでした。

思う存分写真を撮った後、わずかな日陰でランチにしました。

 

【注意】トレイルは未舗装で標識もなにもないので、来る途中で時々後ろを振り返り、帰り道を確認するようにしましょう。

 

すでに大満足ですが、まだ時間はたっぷりあったので、次の Cottonwood Cove に向かいます。

 

Cottonwood Cove

Cottonwood Cove に向かいます。

まず、Lone Tree Parking Area まで戻ります。

 

House Rock Valley Rd に出たら左折して、3.7マイルほど南下します。

 

Old Corral というポイントがあるので、そこを左折します⇩

 

Old Corral から Cottonwood Cove までは約11マイルです。

 

途中⇩のような柵があるので、一旦車を降りて自分で開けます。

f:id:TraProak:20200321104747j:plain

開けっぱなしだと、中にいる牛が逃げてしまうため、通り抜けたら必ず閉めるようにしましょう。 

 

Cottonwood Cove のトレイルヘッドに到着しました。

f:id:TraProak:20200321104901j:plain

ちょうど先着のグループが1組帰るところでした。 

 

Cottonwood Cove Trailhead の場所はここ⇩

 

なんとなく足跡で道ができていました。

f:id:TraProak:20200321105358j:plain

 

奇岩だらけです。

f:id:TraProak:20200321110856j:plain

 

岩の上を歩きます。

f:id:TraProak:20200321111014j:plain

 

この岩の向こう側に絶景がありました。

f:id:TraProak:20200321111119j:plain

 

 カラフルな岩とバーミリオンクリフスが見渡せます。

f:id:TraProak:20200321111519j:plain

 

波のような模様と奇岩だらけです。

f:id:TraProak:20200321111243j:plain

 

夕陽で岩がオレンジ色になりました。

f:id:TraProak:20200321111403j:plain

 

夕方になってきたので、滞在時間は30分程度しかありませんでしたが、まさに「世界の果て」という感じの絶景でした。

「もう一度行きたい」と思える場所だったので、次回は時間をとってじっくり観光してみたいと思います。

 

名残惜しいですが、Cottonwood Cove をあとにしました。

 

帰り道もすばらしい景色でした。

f:id:TraProak:20200321111735j:plain

この頃になると、オフロードにも慣れてきます。

 

公園の看板で記念撮影も忘れずに!

f:id:TraProak:20200321111835j:plain

 

完。

 

公園の場所・入場料

公園の場所

バーミリオンクリフ国定公園はアメリカのユタ州とアリゾナ州の州境にあります。

ラスベガスとフラッグスタッフが最寄りの都市です。

 

入場料

入場料は、一人につき5ドルで、抽選会への参加費が別途5ドル必要です。

 

最新情報はこちら⇩

Coyote Buttes | Bureau of Land Management

 

ホテル・宿泊施設

カナブ(Kanab)が観光の拠点になります。

スーパーやレストランなどもあるため、観光に必要な物は全てあります。

 

リゾートホテルのような宿泊施設はありませんが、比較的リーズナブルなホテルやモーテルが15件程度あります

 

クオリティインコンフォートスイーツはロードトリップ中に良く利用しました。

コンフォートスイーツ の方がちょっといいホテルです。

出費を極力抑えたい方にはロードウェイインがお勧めです。

 

⇒ ExpediaでKanabのホテルを探す

 

個人での行き方

ラスベガスまで飛行機で来て、レンタカーで3時間くらいでカナブに着きます。

ザイオンやグランドキャニオン、モニュメントバレーなどを組み合わせたグランドサークルのロードトリップが人気です。

 

都市部を抜けてしまえば、ほとんど一本道なので、運転は比較的楽です。

この機会にアメリカのドライブを計画してみてはいかがでしょうか。

 

⇒ Expediaで航空券を探す

⇒ Expediaでレンタカーを検索する

⇒ HISでレンタカーを検索する

 

各種ツアー 

それでも左ハンドルや、時差ボケなどもあって運転が不安な方は、VELTRA のツアーを理由すると、効率良く回ることができます。

ラスベガス発で、ザイオン国立公園の「ナローズ」とバーミリオンクリフの「ホワイトポケット」を訪れる1泊2日のツアーが人気です。

 

気になった方は料金をチェック!

www.veltra.com

 

シーズン・服装・持ち物

私が7月に訪れた時は、気温は30℃越えですごく暑いといった感じでした。

 

雨が降ることもなく、観光に支障はありませんでしたが、日焼け止めと飲料水は常に持参していました。

 

アンダーアーマーをTシャツの下に着た日焼け対策も効果的でした。

すぐに乾く素材なので、ホテルに帰ってから石鹸で手洗いしても、次の日には乾きました。

 

近隣の国立公園

バーミリオンクリフス国定公園に近い、グランドキャニオン国立公園とザイオン国立公園について別記事にまとめております。

www.usaryuugakuandtravel.com

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

おすすめのガイドブック

ご存知の方も多いと思いますが、地球の歩き方 アメリカの国立公園が詳しく書いてあります。

有名な国立公園は全て含まれているので(アラスカを除く)、他の国立公園に旅行される際にも役に立ちます。

またレンタカーでの移動を検討されている方や、ロードトリップを計画されている方は、地球の歩き方 アメリカ・ドライブもおすすめです。

ドライブルートを決める際や、アメリカの道路標識や交通ルールについても説明されているので、手元にあると安心です。