元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

グランドティトン観光の見どころ6選【ホテル・ツアー情報も!】

f:id:TraProak:20190319234800j:plain

 

グランドティトン観光の見どころを知りたい方へ。

イエローストーンについて調べていたら、すぐ隣にあるグランドティトンを見つけて気になっている方いらっしゃいませんか?

 

グランドティトンの観光ポイント、公園までの行き方やホテル・ツアー情報、おすすめのシーズンや持ち物などをお伝えします。

 

 

グランドティトン国立公園は、イエローストーン国立公園のすぐ南にある人気に観光地です。

アメリカ人観光客のほとんどは、イエローストーンとセットで回るケースが多いようです。

 

グランドティトン観光の見どころ6選

1.  Moose JunctionからJenny Lakeに行く途中にあるOverlook

 

ムース・ジャンクション(Moose Junction)からジェニー・レイク(Jenny Lake)に行く途中にある Overlook から、⇩のようなティトン山脈と平原をバックに写真を撮ることができます。

 

f:id:TraProak:20190201013912j:plain

 

若干見ずらいですが、公園のゲートで入場料を支払ったときに、公園内の地図がもらえます。

その地図の道路沿いに示してある●が、このような Overlook なので、移動のついでに立ち寄るのが効率的です。

 

f:id:TraProak:20190227233821p:plain

 

2.  String Lake

 

String Lake の隣にある Jenny Lake の方が有名ですが、ハイキングをするにはちょっと距離が長めです。

私は North Jenny Lake Junction 近くの駐車場から、String Lake 沿いのトレイル(往復 2.3km)をハイキングしました。

 

f:id:TraProak:20190201015548j:plain

 

きれいな湖を見ながら歩くことができ、また折り返し地点では、Leigh Lake と String Lake を結ぶ川を見ることができます。

 

手前の浅いところでしたら川に入っても問題あらせんでした。ハイキングで疲れた足もリフレッシュします。

 

f:id:TraProak:20190201015331j:plain

 

 

 

3.  モルモン教歴史地区

 

Moose Junction を北上し、Antelope Flats Rd を右折してしばらく行くと、モルモン教の歴史地区(Mormon Row Histric District)があります。

 

1890年代にこの土地を開拓したモルモン教の人々の家や納屋などを見ることができます。

 

f:id:TraProak:20190201020400j:plain

 

4.  カニンガムキャビン

 

Moose Junction を40km くらい北上し、左折したところにカニンガムキャビン(Cunningham Cabin Histric Site)があります。

 

ここでは1888年に移住し、牧場を営んでいた Cunningham の納屋を見ることができます。

 

f:id:TraProak:20190201021447j:plain

 

 

 

5.  Snake River Overlook

 

カニンガムキャビンに向かう途中にぜひ立ち寄っていただきたいのは、Snake River Overlook です。

 

目下を流れる曲がりくねった Snake River と壮大なティトン山脈を一枚におさめられる有名なスポットです。

 

f:id:TraProak:20190201021725j:plain

 

6.  オクスボーベンド

 

Moran Junction から西に8kmほど行ったところにオクスボーベンド(Oxbow Bend)があります。

 

ゆるやかに流れる Snake river と逆さに映し出される Mount Moran は訪れる観光客を魅了します。

 

f:id:TraProak:20190201022609j:plain

 

 

 

公園の場所・入場料

公園の場所

 

グランドティトン国立公園はアメリカのワイオミング州にあり、イエローストーン国立公園の南ゲートからは車で30分で行くことができます。

 

最も近い都市はソルトレイクシティです。

 

 

入場料

 

入場料は車一台につき$35です。

購入日より7日間有効です。

 

ホテル・宿泊施設

公園内のホテル

 

公園内にもホテルはあります。

 

特にジャクソン レイク ロッジは目の前に⇩のような景色が広がり、この景色を見ながら部屋のバルコニーでまったりしたりできます。

 

またホテルのレストランでランチをしたりもできるので、公園を大満喫したい方にはおすすめです。

 

f:id:TraProak:20190201023121j:plain

 

公園外のホテル

 

公園の南側にあるティトンビレッジとジャクソンに宿泊施設がたくさんあります。

私はティトンビレッジにあるザ ホステルに泊まりました。

 

7月下旬の繁忙期でしたが、3泊で$400でした(2018年7月)。

 

 

もともとホステルだったところを改装したホテルなので、部屋はあまり広くはありませんが、洗面台やバスルームはきれいでした。

 

朝食はついてませんが、キッチンもありますし、ホットチョコやコーヒーも飲み放題です。

 

コインランドリーもあるので長期滞在者にもお勧めです。

徒歩圏内にはレストランやスーパー、お土産屋さんなども充実しています。冬はスノーリゾートとしても賑わうようです。

 

ジャクソンの方がホテルの数は多いですが、繁忙期はどこも高いので、1泊$130くらいで泊まれるザ ホステルはリーズナブルで、節約派の方にはおすすめです。

 

⇒ Expediaでティトンビレッジのホテルを探す

⇒ Agodaでティトンビレッジのホテルを探す

⇒ Expediaでジャクソンのホテルを探す

⇒ Agodaでジャクソンのホテルを探す

 

 

 

グランドティトンへのツアー

パッケージツアー

 

添乗員同行のパッケージツアーをHISJTBが催行しています。

 

ただしイエローストーン国立公園とセットになっているので、グランドティトンだけを満喫したいという方には向かないかもしれません。

 

お値段は約40~55万円です。空港(ソルトレイクシティ)からの移動や現地での移動・ガイド、そのほか入場料やホテル代金などもすべて含まれています。

 

個人手配で行く場合と比較し、レンタカー代(保険やガソリンを含む)や運転に要する労力(国際免許の取得含む)などを考慮すると、値段相応で効率的に観光できるツアーです。

⇒ HISのツアーを検索する

⇒ JTBのツアーを検索する

 

現地ツアー

 

ソルトレイクシティ(SLC)から現地ツアーに参加するという方法もあります。

 

同じくイエローストーンとセットのツアーですが、レンタカーを借りる必要がなく、チップ/入場料/宿泊費/日本語ドライバーガイド代が含まれているので、効率的に人気の国立公園を2つ巡ることができます。

 

日本語ドライバーガイド付きツアー1泊2日が$659~

日本語ドライバーガイド付きツアー2泊3日が$984~

などのツアーがあります。

⇒ VELTRAで現地ツアーを検索する

 

個人での行き方

 

アメリカをドライブしてみたい!公園内を自由にまわりたい!という方にはこの行き方がおすすめです。

 

個人手配でグランドティトン国立公園まで行く方法は主に2つあります。

 

ジャクソンホールからレンタカー

 

グランドティトン国立公園内にあるジャクソンホール(JAC)からのアクセスが便利です。

空港からはレンタカーでの移動になるので、国立公園内を自由に回ることができます。

時期により変動しますが、東京からジャクソンホール(JAC)までの航空券はだいたい14~16万円くらいです。

 

園内の地図はゲートで入場料を払ったときにもらうことができます。

 

 

ソルトレイクシティからレンタカー

 

航空券代を抑えたい場合はこの行き方がいいかと思います。東京からはロサンゼルス経由の便があり、12万円くらいです。

 

ソルトレイクシティからジャクソンホールまでは5時間くらいかかります。ユタ~アイダホ~ワイオミング州を通り抜けるので、写真⇩のような牧歌的な風景を見ながらドライブを楽しむことができます。

 

7月下旬の繁忙期でしたが、車が渋滞しているといったことはありませんでした。

 

公園の観光だけでなく、アメリカのドライブも楽しみたいという方にはお勧めの行き方です。(体力的にはちょっときついかもしれません) 

 

f:id:TraProak:20190201013147j:plain
f:id:TraProak:20190201013144j:plain

 

 

⇒ Expediaで航空券を探す

⇒ Agodaで航空券を探す

⇒ Expediaでレンタカーを検索する

⇒ HISでレンタカーを検索する

 

 

 

シーズン・服装・持ち物

 

ベストシーズンは夏(6~8月)で、最も観光客でにぎわいます。

日中は25℃を超える日も多いですが、朝晩は冷え込み10℃を下回る日もあります。

 

私は日中の観光中はTシャツに短パンでしたが、パーカーやスウェット、ウインドブレーカーなども持っていきました。朝食時や帰り道は結構冷えたので重宝しました。

 

また日焼け対策は必須です。

日差しが強いので日焼け止めは必ず持参しましょう。

 

長袖を着るのもいいですが、歩いているうちにかなり暑くなります。

なので私は日焼け止めを塗ったうえで、アンダーアーマーをTシャツの下に着ていました。

 

これで日焼けはかなり防げます。

また洗って乾きやすいので、ホテルに帰ってから石鹸で手洗いしても、次の日には乾いてました。(写真を撮るのに毎日同じ色味は避けたかったので2着持ってきましたが・・)

 

虫が気になる方は長ズボンをおすすめします。

虫よけや日焼け止めは園内のショップでも購入できますが市内のスーパーなどで買ったほうが安い場合が多いです。

 

オオカミやバッファローなどの野生動物を見たい方は双眼鏡があるといいと思います。

園内のいたるところで「近づきすぎないように」との注意書きがあるので、遠くからでも見えるグッズは必須です。

 

 

 

近隣の国立公園

 

同じくソルトレイクシティから車で行けるキャニオンランズ国立公園と、グランドティトンの北側にあるイエローストーン国立公園についてもまとめました。

 

www.usaryuugakuandtravel.com

www.usaryuugakuandtravel.com

 

おすすめのガイドブック

 

ご存知の方も多いと思いますが、地球の歩き方 アメリカの国立公園が詳しく書いてあります。

有名な国立公園は全て含まれているので(アラスカを除く)、他の国立公園に旅行される際にも役に立ちます。

 

またレンタカーでの移動を検討されている方や、ロードトリップを計画されている方は、地球の歩き方 アメリカ・ドライブもおすすめです。

ドライブルートを決める際や、アメリカの道路標識や交通ルールについても説明されているので、手元にあると安心です。