元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

オーストラリアホテル隔離|渡航前のPCR検査と陰性証明書について

f:id:TraProak:20210502213711j:plain

  • コロナ禍でオーストラリアに渡航予定の方
  • 渡航前のPCR検査について検索している方

 

仕事の関係でオーストラリアに赴任することになり、シドニーで「2週間のホテル隔離」を経験しました。

 

本記事では、渡航前に受けるPCR検査と陰性証明書について解説します。

 

今後の各国の感染状況や、政府の方針により変わる可能性もありますが、参考になれば幸いです。

 

 

渡航前のPCR検査と陰性証明書について 

 

ご存じのことかとは思いますが、現在オーストラリアへ渡航する場合、日本でPCR検査を受けて、陰性証明書を取得する必要があります。

 

本記事では、「いつPCR検査受けるのか?」、「陰性証明書に記載すべき情報は?」、「飛行機が遅延、キャンセルになった場合は?」などの疑問に対し、Q&A形式で答えたいと思います。

 

最新の情報は、オーストラリアの保険省(Department of Health)のページに書いてありますので、渡航前にはチェックするようにしましょう。

 

www.health.gov.au

 

Q1:PCR検査はいつ受けるべきか?

 

A1:飛行機の出発時間から72時間以内に受けたPCR検査の結果を空港でチェックインする際に見せる必要があります。

つまり、5月20日の10:00の便で出発する場合、5月17日の10:00以降にPCR検査を受ける必要があります。最短でも、朝に検体を採取して結果が分かるのはその日の夕方くらいなので、時間には余裕をもって行動しましょう。(検査希望者が多いと遅れることもあるようです)

 

ホームページより引用 

What type of pre-departure test do I need to have prior to boarding my flight?
At check-in, you will need to provide proof of a negative COVID-19 polymerase chain reaction (PCR) test result that has been provided by a laboratory.

This test must be conducted 72 hours or less prior to the scheduled departure time of your flight (or first flight if you have one or more connecting flights booked for your travel to Australia).

 

 

 

Q2:陰性証明書に記載すべき情報は?

 

A2:必須事項

  • 氏名・生年月日
  • 検査結果
  • 検査の方法(PCR検査など)
  • 採取した時間

  任意事項

  • 採取方法(鼻咽頭ぬぐい液、唾液)
  • 検査結果が判明した時間と検査実施者の名前
  • 検査実施機関の名前 
  • 検査実施機関が認定を受けている組織・団体(海外渡航者新型コロナウイルス検査センターなど)

 

ホームページより引用 

What information must be included in my laboratory test result record? Does it need to be paper-based or can it be electronic?
The following information must be included on your test result record. If possible, this should be provided in English.

Mandatory required information:

  • Traveller name and date of birth (age at time of test or passport number accepted, if date of birth not listed)
  • The test result (such as ‘negative’ or ‘not detected’)
  • The method of test conducted e.g. PCR test
  • The date and time the respiratory sample was collected for the COVID-19 test

Additional information requested, if available:

  • The respiratory sample type that was collected (e.g. nasopharyngeal)
  • The date and time the test result was authorised and the name of the laboratory authorising officer
  • Name and address of the laboratory / clinic / facility that administered the test
  • Accreditation body that the laboratory is affiliated with

If your test result record does not include the four mandatory fields outlined above you will be prevented from checking-in and boarding the aircraft. Please ensure this information will be provided to you by your testing facility when you get tested.

A paper-based record is preferred, however electronic records (such as a document embedded in an email or text message) that contains the required information would be accepted.

Important: Hold on to your testing result certificate for your entire travelling journey, as you may be required to present it more than once. It is recommended that you take a photo of it, if paper based.

 

 

 

Q3:陰性証明書は英語で記載されている必要があるか?

 

A3:基本的には英語での記載が無難ですが、日本語でも大丈夫な場合もあります。

陰性証明書は空港のカウンターでチェックインをするときに見せるものです。そのため、係員の方が日本人や日本語がわかる方であれば、日本語の陰性証明書でも問題ないようです。(ホームページにも書いてあります)

飛行機に乗った後に、陰性証明書の提出は1度も求められなかったので、日本語の陰性証明書でも大丈夫かもしれません。

ただし、私は念のため英文の陰性証明書にしました

 

ホームページより引用 

I am unable to provide my COVID-19 test result in English, will it still be accepted at the time of check-in?
While it is preferred that you provide your test result record in English, the following is also acceptable:

  • a certified translated copy of your COVID-19 test result report in English. This should be presented with your original test result report to your airline at check-in.
  • your original test result that is not in English, if the airline has the capability and capacity to interpret and confirm that the mandatory information is included at the time of check-in. You should contact your airline in advance of your flight to confirm whether this is possible.

 

 

 

Q4:採取方法に決まりはあるか?

 

A4:「鼻咽頭ぬぐい液」でも「唾液」でもどちらでも大丈夫です。

国によっては、「唾液」による検査結果を認めていないところもありますが、オーストラリアの場合はどちらでも大丈夫です。

私は「唾液」でした

 

ホームページより引用

Is there a recommended respiratory sample that must be collected for the PCR test?

Yes. It is recommended that a throat and bilateral deep nasal (or nasopharyngeal) swab be taken for the PCR test.

 

I am able to obtain a PCR test that is based on saliva instead of a throat and bilateral deep nasal swab (or nasopharyngeal), is that acceptable?

Yes. If the testing facility is conducting PCR testing, using saliva as an alternative specimen to a throat and nasal (or nasopharyngeal) swab, that is acceptable.

 

 

 

Q5:ワクチンを接種していても、PCR検査を受ける必要があるか?

 

A5:PCR検査を受ける必要があります。また渡航時は、ワクチンを接種した証明書を携行するよう推奨されています。 

 

ホームページより引用

Do I still need to have a pre-departure test if I have had a COVID-19 vaccine?

Yes, you still need to provide evidence of a negative COVID-19 PCR test result. If you have had a COVID-19 vaccine you should also carry your vaccination certificate with you while travelling.

 

 

 

Q6:飛行機が遅延、変更・キャンセルになり、PCR検査を受けてから72時間以上過ぎてしまう場合は?

 

A6:遅延であれば問題ありません。しかし、スケジュールの変更やキャンセルで他の便で出発するような場合は、再度出発時刻の72時間以内にPCR検査を受けて陰性証明書を取得する必要があります。

 

ホームページより引用

I have had a PCR COVID-19 test and have my result certificate however my flight has been delayed outside of the 72 hour window. What should I do?
If your flight is delayed, you have met the pre-departure testing requirements, therefore a new test is not required.

However, if your flight has been re-scheduled or cancelled, you should ensure that you have evidence of a negative COVID-19 test result, where the test was conducted no more than 72 hours prior to the re-scheduled or newly booked flight.

 

以上です。

今後詳細が変わる可能性もありますが、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

隔離費用の支払いについて

 

私の場合、チェックアウトをした日から約2週間後に、メールでニューサウズウェールズ州からInvoiceが送られてきました。

 

支払い期限はおよそ1か月で、ネットで支払いができます。

 

手数料を0.4%($12)払う必要がありますが、VISAかMaster Cardであれば、クレジットカードでも支払えます。

 

f:id:TraProak:20210510210644j:plain

 

このように、オーストラリアではJCBやAmexが使えないケースがときどきあります。

 

VISAカードの有効期限が滞在中に切れてしまう方や、まだVISAカードをお持ちでない方は、何かあった時のためにVISAカードを1枚作ってから行くことをおすすめします。

 

楽天カードであれば、オンラインでお申し込みが完結し、最短1週間で届きます。

もちろん年会費は無料です。

 

楽天カードの申し込みはこちら: 

楽天カード新規入会キャンペーン

 

 

 

関連記事

 

オーストラリアのホテル隔離に関して情報を発信しております。

よろしければご覧ください。

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

www.usaryuugakuandtravel.com