元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

オーストラリア・就労ビザの申請で用意した書類について【体験談】

f:id:TraProak:20210206101119j:plain

 

  • オーストラリアの就労ビザを申請したいんだけど、何を用意したらいいのかな

  

仕事の関係でオーストラリアに赴任することになり、「一時就労ビザ」を取得しました。

 

申請後も滞りなくビザを取得することができたので、本記事ではビザの申請時に用意した書類について紹介します。

 

 

オーストラリア・就労ビザの申請で用意した書類について

 

オーストラリア・就労ビザの申請で用意した書類は、以下の7つです。

 

  • パスポート
  • 犯罪経歴証明書
  • 財政証明書
  • 健康保険証明書
  • 雇用主からのレター
  • その他サポートレター
  • 戸籍謄本の英訳(家族同伴の方)

   

以下で、それぞれについて説明します。

 

パスポート

 

当然ですが、パスポートは必須です。

まだ取得していない方は早めに取得しましょう。

 

犯罪経歴証明書

 

「この人は安全な人ですよ」という証明として、犯罪経歴証明書(Police Certificate)の提出が求められます。

 

「渡航証明」と言ったりもします。

 

東京に住民登録をしている方は、霞ヶ関にある警視庁で申請ができます。

 

申請に予約は必要はありませんが、土日は受け付けていないので注意しましょう。

 

受付時間

月曜から金曜(祝日、年末年始を除く)

午前8時30分から午前11時30分まで

午後1時00分から午後5時00分まで

 

必要書類を持って、警視庁に行けば案内してくれます。

 

最新の情報はこちら:

渡航証明(犯罪経歴証明書)の申請について 警視庁

 

必要な書類は以下の通りです。

1.パスポート(有効期限内、コピー不可)
2.氏名、住民登録地が確認できるもの

  住民票(発行から6か月以内)
  マイナンバーカード
  自動車運転免許証(住所表記が住民登録地と一致の場合のみ) 等

3.証明書発給の必要性が確認できる書類

 

「証明書発給の必要性が確認できる書類」については、記入途中のビザの申請書類を持って行けば大丈夫です。

 

ビザの申請はオンラインで行いますが、記入途中でも保存ができます。

 

なので、記入できるところは先に記入をしてしまって、その段階のものを印刷して持って行けば大丈夫です。

 

 

 

申請から受け取りまでは、2週間くらいかかります。

郵送は行っていないので、取りに行く必要があります。

スケジュールに余裕を持って申請しましょう。

 

参考サイト:

渡航証明(犯罪経歴証明書)の申請について 警視庁

 

 

多くの場合は、日本の犯罪経歴証明書だけで十分ですが、

過去10年の間に日本以外の国に12か月以上滞在していた方

は、その国の犯罪経歴証明書も提出する必要があります。

 

私は以前アメリカに2年間住んでいたので、アメリカのFBIから書類を取り寄せる必要がありました。

 

アメリカから無犯罪証明書を取得する方法は、別記事にまとめております。

必要な方はご覧下さい。

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

 

 

財政証明書

 

ビザ申請者の財政状況が分かる資料であれば大丈夫です。

 

書類をアップロードする際に、書類の種類を選ぶようになっており、そのプルダウンメニューを見てみると、

  • Bank Statement(残高証明)
  • Employment Contract(雇用証明書)
  • Payslip(給与明細)

あたりが定番の書類になるかと思います。

 

 

私の場合は、日本の企業に所属して、オーストラリア滞在中もここから給料が支払われる仕組みだったので、

滞在中の収入額を計算し、

自分で書類を作成して、

上司にサインをもらった書類を提出しました。

 

銀行の窓口に行けば、英文の残高証明書を発行してもらえるので、それでも大丈夫です。

 

 

健康保険証明書

 

オーストラリアで有効な健康保険に加入し、その証明書を提出する必要があります。

 

いくつか選択肢はありますが、私は政府公認の BUPA という保険に申し込みました。

 

Google で「BUPA subclass 〇〇〇 insurance」などと検索すると、おすすめのパッケージが出てきます。

 

f:id:TraProak:20210206134954p:plain

 

安いものだと1,100ドルくらいのもありますが、私は一番スタンダードの Essential Visitors Cover という年間で1,400ドルくらいのパッケージにしました。

 

 

 

雇用主からのレター

 

雇用主のサインが入ったレター(Invitation letter)を提出します。

 

私の場合、日本の会社に属したまま、オーストラリアに赴任するシステムだったので、現地の上司(できるだけ偉い人)のサインが入った招待状(Invitation letter)を提出しました。

 

それと念のため、「Invitation letter」に対する回答として、現在務めている会社のアクセプトレターも提出しました。 

 

その他サポートレター

 

その他に、承認を後押ししてくれそうな書類はアップロードしました。

私の場合は、

  • 「履歴書」
  • 「大学の卒業証明書」
  • 「現在務めている会社の在籍証明書」

をアップロードしました。

 

これらの書類がどこまで有効だったかは分かりません。

 

ただ書類の種類を選ぶメニュー「Educational Certificate」「Resume」があったので、意味が無いことはなさそうです。

 

 

 

戸籍謄本の英訳

 

家族同伴で渡航予定の方は、その関係を証明する書類(戸籍謄本)が必要になります。

 

戸籍謄本は、本籍地のある市区町村役場で取得するとして、それを英訳する必要があります。

 

自分で訳して作成したものは、おそらく却下されます。

 

ビザの申請ページに

 

Translators outside Australia do not have to be accredited. But on each translation, they must include their:

・full name
・address and telephone number
・qualifications and experience in the language they are translating

 

などと書いてあるので、翻訳サービスなどを利用した方が良さそうです。

 

Googleで「戸籍謄本 英訳」などと検索すれば、候補がたくさんでてきますが、私は

戸籍謄本・戸籍抄本の英訳|リーガル翻訳サービス

を利用しました。

 

送料込みで1枚4,400円で、申し込んでから3日後に送られてきました。

 

謄本の英訳と一緒に、無料で「翻訳証明(レターヘッド、翻訳者の署名と押印付)」を付けてくれるのでおすすめです。

 

 

 

関連記事

 

現地での生活にそなえて、オーストラリア英語を勉強しています。

 

おすすめのオーストラリアのドラマについて記事にまとめたので、よろしければご覧下さい。

 

www.usaryuugakuandtravel.com