元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

アメリカの銀行口座選びで失敗しない3つのポイント【体験談】

f:id:TraProak:20200202193723j:plain

Business vector created by freepik - www.freepik.com

 

アメリカ生活を始めるにあたり、銀行口座の開設について調べている方。

日本にいる間に開設できる銀行口座や解約方法について知りたい方。

 

本記事では、私のアメリカ生活の経験にもとづき、これからアメリカでの生活を始められる方向けに、アメリカの銀行口座選びで失敗しない3つのポイントをご紹介します。

 

 

アメリカの銀行口座選びで失敗しない3つのポイント

 

いきなり本題に入りますが、アメリカの銀行口座選びで重要なことは、以下の3つです。

 

  • 日本にいる間に口座が開設できる
  • 現地のATMで現金が引き出せる
  • 帰国後日本から解約手続きができる

 

です。

 

私の場合、アメリカ在住中は、

 

  • Union Bank(ユニオンバンク)
  • Chase Bank

 

の2つの銀行を利用しておりましたが、不便に感じたり困ったりしたことはありませんでした。

 

 

 

Union Bank(ユニオンバンク)は、三菱UFJフィナンシャルグループのグループ銀行なので、日本にいる間に三菱UFJの支店に行けば、口座を開設することができます。

 

そのため口座開設後に国際送金をして、現金がユニオンバンクの口座に振り込まれてからアメリカに移住することも十分可能です。

 

ただし、アメリカ国内での支店の数はカリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州に340くらいしかないので、州によっては家の近くに支店がなかったり、取り扱えるATMがないこともあります。

 

基本的にはアメリカ国内の買い物は、クレジットカードやデビットカードで支払いが可能なので、ATMや視点がなくても十分使えます。

 

しかし、駐在や留学などで長く住んでいると、現金を引き出す必要があることもあります。

そのため住むエリアの近くにユニオンバンクの支店がない場合は、私が利用したChase Bankや、Bank of AmericaWells Fargo などの、大手銀行の口座をあわせて開設することをお勧めします。

 

 

 

繰り返しになりますが、ユニオンバンク+大手銀行の2つの口座を持っていれば、

  • 日本にいる間に口座が開設できる
  • 現地のATMで現金が引き出せる
  • 帰国後日本から解約手続きができる

の条件をカバーすることができます。

 

特に私が利用したChase Bankは、日本帰国後にメールで口座の解約を申し込めるので便利です。

 

以下にそれぞれの銀行について詳しく説明します。 

 

Union Bank

 

渡米前でも、日本にいる間に三菱東京UFJの支店に行けば、ユニオンバンクの口座を開設することができます。

 

またアメリカ在住中も、日本のUFJの口座を持っていれば、三菱UFJダイレクトにアクセスし、自分のユニオンバンクの口座へ海外送金ができます。

 

つまり、家族などに頼ることなく、ユニオンバンクの残高が減ってきた時点で、オンラインで日本のメインバンクから現金を移すことができます。

 

さらに口座開設時にデビットカードが受け取れます

このデビットカードはガソリンスタンドマネーオーダーなどにも使えるので、何かと便利でした。

 

 

 

ただし絶対に忘れてはいけない手続きが2つあります

  • 三菱UFJダイレクトを海外からでも利用できる手続きをする

詳しくはグローバルダイレクト : トップ | 三菱UFJ銀行

  • 開設してたユニオンバンクの口座を海外送金先に登録する

詳しくはご契約内容の変更(口座の追加登録等) | 三菱UFJ銀行

 

この手続きを忘れてしまうと、アメリカに着いてから、

「せっかくユニオンバンクの口座を開設したのに、ネットから海外送金できない」

という状況になってしまうので、口座開設後は忘れずに上の2つの手続きをしておくようにしましょう。

 

デメリットとしては、支店の数が圧倒的に少ないことです。

 

日本人が多く住んでいる地域以外では、ユニオンバンクの知名度が低く、私もフロリダ州で車を買うときに「ユニオンバンクなんて知らない」と言われた経験があります。

 

Branch Locator | Union Bankで支店の場所を検索できるので、住む予定のエリアに支店があるかを確認しておきましょう。

 

口座は帰国してからでも解約できます。

 

別記事にまとめたのでご覧下さい。

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

 

 

Chase Bank

 

Chase Bank はアメリカの大手銀行で、全米に約5,000の支店を展開しております。

実際、私が留学中に訪れたほとんどの町で見かけたました。

 

ソーシャルセキュリティーナンバーや収入証明などなくても銀行口座が開設できます。

ただし、$1,500以上の残高がないと口座維持費を払う必要があるので注意しましょう。

 

また口座は帰国してからでも解約できます。

 

ただし、

  • アパートでデポジットがあった場合
  • 車の保険などで払い戻しが適用される場合
  • 車を売った時の小切手を換金する場合

など、全ての精算が終わってから解約することをおすすめします。

  

詳細は別記事にまとめております⇩

www.usaryuugakuandtravel.com

 

まとめ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ユニオンバンク+大手銀行(1社)の組み合わせで、アメリカの銀行口座選びで失敗しない3つのポイント

  • 日本にいる間に口座が開設できる
  • 現地のATMで現金が引き出せる
  • 帰国後日本から解約手続きができる

をクリアすることができ、アメリカ在住中や日本帰国後に銀行問題で苦労するリスクも減らすことができます。

 

本記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

関連サイト

本サイトではアメリカ生活に関する情報を発信しています。

よろしければ以下の記事もあわせてご覧下さい。

www.usaryuugakuandtravel.com

www.usaryuugakuandtravel.com