元バックパッカーが海外の大学院で博士号を目指すブログ

大学院留学、海外旅行、英語学習について紹介します

ブライスキャニオン国立公園の見どころ6選【ホテル・ツアー情報も】

f:id:TraProak:20190606071225j:plain

 

ブライスキャニオン国立公園の見どころを知りたい方へ。

グランドキャニオンと一緒にブライスキャニオンを旅程に入れようとしている方。

グランドサークルのロードトリップをご計画中の方。

 

ブライスキャニオンの観光ポイントやホテル・ツアー情報、おすすめのシーズンや持ち物などをお伝えします。

 

 

ブライスキャニオン国立公園の見どころ5選

サンライズポイント

f:id:TraProak:20190606015237j:plain

 

クイーンズ・ガーデン・トレイルの入り口にある展望台です。

駐車場から少し下ったところにあります。

トレイルを歩く時間がない方も、ここまでならすぐ来られます。

 

クイーンズ・ガーデン・トレイル

 

往復約3km のトレイルです。

サンライズポイントから崖の下に下りるトレイルです。

 

f:id:TraProak:20190606020439j:plain

 

f:id:TraProak:20190606021001j:plain

 

いろいろなフードゥーがあります。

 

f:id:TraProak:20190606021407j:plain

 

高低差があります。

 

f:id:TraProak:20190606023705j:plain

 

下から見ると印象が違います。

 

 

 

リム・トレイル

 

フェアリーランド・ポイント(Fairyland Point)からブライス・ポイント(Bryce Point)までの崖沿いを歩くトレイルです。

 

全て歩こうとすると18km ありますが、サンライズ・ポイント⇔サンセット・ポイントであれば0.8km 程度で舗装もされているので、気軽に歩けます。

 

f:id:TraProak:20190606055454j:plain

 

崖の縁(リム)を歩くので、ブライスキャニオンの景色を存分に楽しめます。

 

f:id:TraProak:20190606060944j:plain

 

見る角度が変わると印象が変わります。 

 

f:id:TraProak:20190606062654j:plain

 

どんどん景色が変わります。

 

サンセット・ポイント

f:id:TraProak:20190606072910j:plain

 

サンセット・ポイントからの眺め。

写真は昼頃撮影したものですが、朝と夜では印象が違うようで、3回訪れる人もいるそうです。

 

インスピレーション・ポイント

f:id:TraProak:20190608015055j:plain

 

サンセット・ポイントの南にある展望台。

無数のフードゥーを眼下に眺めることができます。

 

 

 

ブライス・ポイント

f:id:TraProak:20190608030031j:plain

 

リム・トレイルの終点にあるブライス・ポイント。

カメラにはおさまりきらないパノラマが広がっています。

 

以上がブライスキャニオン国立公園のハイライトです。

 

その他の見どころ

 

その他の見どころについて紹介します。

 

レインボー・ポイント

f:id:TraProak:20190606092148j:plain

 

公園の一番端にある展望台。

キャニオン全体を見渡せます。

 

レインボー・ポイントに行くまで、展望台が数カ所あります。

 

ブラック・バーチ・キャニオン

f:id:TraProak:20190606094233j:plain

 

アグア・キャニオン

f:id:TraProak:20190606094632j:plain

 

ナチュラル・ブリッジ

f:id:TraProak:20190606090542j:plain

 

ファービュー・ポイント

f:id:TraProak:20190606085551j:plain

 

 

 

モシー・ケイブ・トレイル

 

公園外にある往復1.6km のトレイル。

場所はここ⇩

 

 

f:id:TraProak:20190607004122j:plain

 

川沿いを歩きます。

 

f:id:TraProak:20190607003903j:plain

 

フードゥーもありました。

 

f:id:TraProak:20190607004711j:plain

 

そこそこの水量です。

 

f:id:TraProak:20190607005328j:plain

 

ボール地点にあるケイブ(洞窟)。

正直微妙でした。写真右下のように、春くらいまではつららがたくさんあるそうです。

 

レッドキャニオン

 

公園を出て、UT-20を10マイルほど西に行くと、レッドキャニオン(Red Canyon)があります⇩

 

 

ここのビジターセンターの裏手が1周0.8kmのトレイル(Pink Ledge Trail)になっています。

 

f:id:TraProak:20190607024420j:plain

 

赤い渓谷をハイキングします。

 

f:id:TraProak:20190607024737j:plain

 

時間に余裕のある方はチェレンジしてみてください!

 

 

 

公園の場所・入場料

公園の場所

 

ブライスキャニオン国立公園はアメリカのユタ州にあります。

ラスベガスが最寄りの都市で、マッカラン国際空港から車で約4時間の場所にあります。

 

 

入場料

 

入場料は車1台につき$35ドルです。

チケット購入日から7日間は有効です。

 

最新情報はこちら⇩

Fees & Passes - Bryce Canyon National Park

 

ホテル・宿泊施設

 

宿泊施設ですが、公園内にBryce Canyon Lodgeがあります。

ただ人気が高く、とくに6~9月の予約はすぐにいっぱいになってしまうそうです。

 

公園のゲートの近くに、ブライスという町があり、ホテルやスーパー、ガソリンスタンドなどがあります。

Best WesternBryce View Lodgeなどは地球の歩き方 アメリカの国立公園でも紹介されているホテルです。

 

またゲートから15分東に行ったところにトロピックという町があり、モーテルなどの宿泊施設があります。

⇒ トロピックのホテルを検索する

 

私はブライスの町でも比較的リーズナブルな、ブライスキャニオンリゾート3泊しました。

6月上旬でしたが、1泊朝食付きで1部屋$120でした。

 

お部屋はこんな感じ⇩

f:id:TraProak:20190605093827j:plain

 

新しくはありませんが、自然の中にあるロッジといった感じです。

 

f:id:TraProak:20190605093740j:plain

 

冷蔵庫、電子レンジ、キッチンもありました。

 

f:id:TraProak:20190605093757j:plain

 

水回りのそこそこきれいです。

 

f:id:TraProak:20190608043429j:plain

 

朝食はとなりのレストランで食べます。

混雑するので早い時間帯に行くようにしましょう。 

 

⇒ エクスペディアで料金を検索する

 

 

 

ブライスキャニオンへのツアー 

 

VELTRAが各種ツアーを取り扱っています。

 

グランドキャニオンやモニュメントバレーなどを組み合わせた1泊2日のツアーが人気です。

 

⇒ ブライスキャニオンのツアーを検索する

 

個人での行き方

 

ラスベガスまで飛行機で来て、レンタカーで行くことができます

ラスベガスからブライスキャニオン国立公園までのアクセスは4時間くらいです。

 

周辺のザイオン国立公園やグランドキャニオン国立公園などとあわせてロードトリップに含めるのも良いと思います。

⇒ Expediaで航空券を探す

⇒ Agodaで航空券を探す

⇒ Expediaでレンタカーを検索する

⇒ HISでレンタカーを検索する

 

シーズン・服装・持ち物

 

観光のベストシーズンは夏です。

標高が高いため朝晩は10℃くらいに下がることもあります。

ただオンシーズンのため多くの観光客が訪れます。


私は夏に訪れましたが、日差しが強い分暑く感じました。

日焼け止めは必ず持参しましょう。帽子やサングラスもあるといいと思います。

 

アンダーアーマーをTシャツの下に着るのも効果的です。これで日焼けはかなり防げます。また洗って乾きやすいので、ホテルに帰ってから石鹸で手洗いしても、次の日には乾きます。

 

 

 

近隣の国立公園

 

同じくラスベガスからのアクセスが良いデスバレー国立公園バレーオブファイヤー州立公園についても記事にまとめております。

 

www.usaryuugakuandtravel.com

 

www.usaryuugakuandtravel.com


おすすめのガイドブック

 

ご存知の方も多いと思いますが、地球の歩き方 アメリカの国立公園が詳しく書いてあります。

有名な国立公園は全て含まれているので(アラスカを除く)、他の国立公園に旅行される際にも役に立ちます。

 

またレンタカーでの移動を検討されている方や、ロードトリップを計画されている方は、地球の歩き方 アメリカ・ドライブもおすすめです。

ドライブルートを決める際や、アメリカの道路標識や交通ルールについても説明されているので、手元にあると安心です。